2015年06月23日

我が心の底の光 貫井徳郎著。

《★★★》

母親からの育児放棄により、餓死寸前だった晄。父親はその母親を殺して殺人犯となり、世の中の不公平と折り合いをつけながら生きている。
なんの希望も見出さない、どうでもいい、そんな晄の人生ってなんだったんだろう。
最近は読むモノ観るモノ「復讐」続きで、結局この本もそうだった。

晄の人生は復讐そのものだった。

過酷な運命の元に生まれた晄は、やっぱり普通の人間が感じるような感情では図れなかったね。

引き取られた親戚の家には晄と同い年の従兄弟がいて、こいつが嫌な奴なんだけど、特に晄をいじめたりするわけじゃないけど、無神経さに腹が立って。
詐欺師として天才なのか、その原動力は復讐心なんだけど、自分たちを死の淵に追いやった原因となった人々に復讐していく。

母親がホスト通いにはまり、晄を何日も置き去りにするところは、苦しかった。
いくつものそんな事件が思い出されて、幼い子たちの命を脅かす、親の無責任さに気分が悪くなる。
だから晄の母親が分かれた夫にボッコボコにされるのなんて、ざまあみろってもんで、死んですっきり。

晄は、母親がホストに夢中になって帰ってこなくなった、そのホストにも復讐。
そもそも母親がホストに愛を求めるのは、家に帰ってこなくなった父親が原因で、それは父に愛人ができたから。その愛人にも復讐。
だけど、晄の感情はどこかねじ曲がっていて、晄の復讐に巻き込まれ従兄弟の慎司と幼馴染の怜菜が拉致された時、助けるのは怜菜でしょう?いやいや、まず拉致現場に助けに行ったんだから二人救出すればいいのに、なんで慎司だけしか救出しないのか!!

その理由は、虐待され感情が欠落してしまったとしか思えない晄らしいもので、共感はできないけど納得。
母親が帰ってこない、たった一人の部屋で、慎司が譲ってくれた仔猫がどれだけ晄の希望となったのか。
トラスケの存在だけが晄にとっての希望で、そのトラスケのために復讐をしたのだ。

怜菜なんて目に入ってない、いや、本当は晄だって怜菜の気持ち知っていたし、好きだったのかもしれない。だけどそれよりも優先する感情が晄にはあったんだよね。
トラスケの復讐と、そのトラスケを譲ってくれた慎司への感謝だか義理。ここはもう絶対に譲れない。

やっぱりラストは貫井氏らしく、暗くどんよりしたものだったけど、それでもなんだろう?晄の目的が分かっただけで、共感はできないのに納得がいったことで、彼の選んだ最期に希望を感じた。
これでよかったんだ、と。
彼にはこの先の明るい人生なんて考えられなかったのだから。

一切出てこなかった父親のその後も知りたかった。妻殺し・・・出所してもおかしくないよね。あれだけ元愛人やホストのその後調べたんだから、父親の消息も調べればよかったのに。




posted by じゃじゃまま at 17:41| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 貫井徳郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421172923
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。