2015年06月23日

明日の子供たち 有川浩著。

《★★★★》

早く読めばよかった。
レビューで、登場人物の女性に共感できない、とか児童施設ってワード出てたので、暗いのかな、共感できないって嫌な子が出てくるのかな、ってなかなか開けなかった。
ところが、読み始めたら、そんな危惧なんて吹っ飛んだ。
女性陣に対する警戒心も、すっかり忘れてしまうくらいすんなり入っていけたし、のめり込んだ。

児童養護施設「あしたの家」で暮らす子供たち、職員たちの物語。
新任の三田村は気持ちは熱く熱血なんだけど、勘違いしてたり、一言余計だったりと騒がしい。
比較的、施設内で聞き分けのいい部類の奏子に、実は内心拒否られていて、そのエピソードは、読者である私含め、気付かされた視点だった。
「かわいそう」そんな風に思わないで欲しい。それが全編通して伝わって来る。
そして、強いられた自立。そうだよね、高校に進学しなかったら施設は退所しなくてはいけなくて、自立しなくてはいけない。
どのみちいられるのは高校卒業までで、卒業後の生活は自分の手で築かなくてはいけない。
それがどれほど心細く大変か、大人である自分にはもうすでに分かってはいるけど、それを18歳で分からされる子供たちは、やっぱり普通の家に生まれた子よりは大変。

やらなきゃいけないんだから。甘える場所なんてないんだから。

猪俣先生が子供たちに進学を推奨しないその理由。それだけアッコちゃんのことを真剣に思っていたからなんだよね。そしてアッコちゃんとの奇跡の再会。その再会は、猪俣先生とアッコちゃんだけじゃなく、奏子の進学でぎくしゃくしていた久志との溝も埋めた。

和泉にほのかな恋心を抱き始めた三田村。その三田村の前にライバル現る。
それは和泉の高校時代の初恋の相手。和泉の恋の話は切なかったね。高校時代の彼、施設にいるという理由だけで成就しなかった。「住む世界が違う」と。
その彼が選んだ結婚相手は、和泉と寸分違わなかった。和泉は問う。自分があの時「そんなこと気にしないよ」ではなく「分かった」と答えていたら成就したのだろうか。
否、やっぱり駄目だったろう。彼女との違いは、出会ったタイミングだけ。

切ないよね〜。三田村じゃなんか頼りないし、しかも私の中では三田村はうざい。
猪俣先生も、梨田先生も、施設長も、みんなみんないい人。価値観は違っても、それぞれに子供たちを想う気持ちは十分。

全編通して、私たちが普段思いがちな施設への偏見、そこに暮らす子たちの本音が伝わって来て、エアポケットに落ちてしまってるテーマを、こんなに読みやすく問題提起できて、すごい小説だと思った。


posted by じゃじゃまま at 18:30| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 有川浩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421174962
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。