2015年07月16日

銀翼のイカロス 池井戸潤著。

《★★★★★》

久々に、半沢シリーズの勧善懲悪、燃えた!!
今回出てくる航空会社再建云々。現実とフィクションをうまく練り込んで、最高のエンターテイメントだ。
半沢チームは、正義感溢れてて、反半沢は銀行や政治の悪。
毎回窮地に立たされてそうに見えて、必ず倍返しの半沢はスカッとする。

政治家ってそんなもんだよね〜、今までの空港誘致も全部土地所有者調べたくなるね。
ちょうど今、オリンピックの新国立競技場建設が問題になってて、これにもいろんなしがらみがあるんだろうな、池井戸氏に書いて欲しい。半沢に、不正なお金の流れとか暴いて欲しいよね〜〜。

半沢がなにか言うたびに、堺雅人が浮かんでくる。
前作の「ロスジェネ〜」はイマイチ盛り上がりに欠けたので、ドラマ化するな是非今作にして欲しい。

posted by じゃじゃまま at 21:42| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 池井戸潤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。