2015年08月17日

透明カメレオン 道尾秀介著。

《★★★》

ラジオのパーソナリティの恭太郎は、冴えない容姿と“特殊”な声の持ち主。今夜も、いきつけのバー「if」で仲間たちと過ごすだけの毎日を、楽しくて面白おかしい話につくり変えてリスナーに届ける。恭太郎が「if」で不審な音を耳にしたある雨の日、びしょ濡れの美女が店に迷い込んできた。ひょんなことから彼女の企てた殺害計画に参加することになる彼らだが―。陽気な物語に隠された、優しい嘘。驚きと感動のラストが心ふるわす―。
(「BOOK」データベースより)

びしょ濡れの美女、三梶恵に、バーの常連たちが振り回される様子は、ちょっとイライラしたな〜。
そんなの言うこときかなくたっていいのに、って。ま、それがないとお話にならないんだけど、でも恵の提案はどれもこれも現実的にはあり得ない作戦で、小説だからな〜って域。

ただ、最後に恭太郎が明かした真実は衝撃だった。そこだけを読むためにだらだらと恵の作戦の話に付き合ってた、っていうのが私の読後感想。

posted by じゃじゃまま at 23:18| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 道尾秀介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424337922
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。