2015年08月29日

ミツハの一族 乾ルカ著。

《★★》

未練を残して死んだ者は鬼となり、井戸の水を赤く濁す。そのままでは水源は涸れ、村は滅んでしまう。鬼となった者の未練を解消し、常世に送れるのは、“ミツハの一族”と呼ばれる不思議な一族の「烏目役」と「水守」のみ。黒々とした烏目を持つ、北海道帝国大学医学部に通う八尾清次郎に報せが届く。烏目役の徒兄が死んだと。墓参りのため村に赴き、初めて水守の屋敷を訪ねた清次郎は、そこで美しい少女と出会う―。大正時代の北海道を抒情豊かに描いた、清艶なミステリ。 (「BOOK」データベースより)

烏目役としてまるでやる気のなかった清次郎が、水守の美しさに心奪われて、いそいそと村に戻るのは、いささか呆れたけど、未練を残して死んだ者たちの「思い」には毎度切なさが伴う。
烏目役の言いつけにはどんなことでも従う村人、そんな旧習深いやり方がいつまで続くのか、いくら大正時代といっても昭和、平成になったらどうなるんだろう、って余計なことだけど思ってたら、ちゃんと終わりの見えるラストだった。

烏目役と水守の悲恋の物語でもあった。

posted by じゃじゃまま at 10:36| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 乾ルカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424977818
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。