2007年08月16日

花嫁人形 佐々木丸美著。

「雪の断章」の飛鳥、「忘れな草」の弥生、残る一人の従姉妹、昭菜の物語。先の2作品の姉妹編。
三人の娘の持つ血筋は、ある三つの企業の取締権を託されている。
この辺の真相は、企業小説でもなくファンタジーなんだけどね。
だから推理小説を読もうと思って手に取ると、全然違う世界に招待されちゃいます。

自分のためのまとめ書きなので、ややこしいし、万が一うっかり読んでしまっても、深く考えずスルーしちゃってください。書いてる私だって、まだまだ分からないことだらけ。

「忘れな草」の弥生の父である上久には、二人の妹がいて、一人が「雪の断章」の飛鳥の母。そしてもう一人が昭菜の母。昭菜の母は、昔から敵対している北一商事の一人息子と恋に落ち、引き戻されやがて昭菜が生まれた。
三人の従姉妹は連名で東邦産業、北一商事、北斗興産を動かす力を約束されているため、上久に三人の少女たちを託された友人の禾田氏は、敵対する一派から娘たちを隠そうと、飛鳥は孤児院に、弥生は囮の少女と一緒にある邸へ、そして昭菜は敵の本岡家に預けられる。

そう、この本岡というのは「雪の断章」で飛鳥が引き取られた本岡の実兄。昭菜の父である本岡は北一商事の代表取締役で、この北一商事には、飛鳥の婚約者である祐也がいるんだよね。
で、弟である本岡の方は東邦産業というとこに勤めていて、実は祐也は東邦産業の御曹司らしい。
だから「雪の断章」で散々飛鳥をいじめてたけど、本岡弟は、自分の会社の取締権を持つ飛鳥と、御曹司に楯突いてて大馬鹿。
ま、「雪の断章」のときはまだそんなこと知らずに、飛鳥と祐也は出会い愛し合うんだけどね。

もっともっと複雑なのは、従姉妹たちの父母である飛鳥の母、弥生の父、昭菜の母、この兄妹の父は、滝え雄司といって、なんと祐也のお父さんかおじいちゃんなんだよね。
ってことは、飛鳥と祐也は従兄妹か、まさか異母兄妹?
東邦産業と北一商事になにやら因縁があるらしいのは、祐也が家に反発するために東邦産業やそのグループ企業である北斗興産を蹴って敵陣である北一商事に入社したって記述もあったし、昭菜の母が北一商事の一人息子と駆け落ちして連れ戻されたっていうんだからね。

はっきりとはどこにも書いてなかったけど、本岡兄は北一商事の代表取締役。昭菜の母が恋に落ちた相手は、本岡兄だったのか?と、思ったのもつかの間。すぐに間違いに気付く。
昭菜の母は確かに、北一商事の一粒種と恋に落ちた、と書いてあるけど、本岡には、剛造という昭菜の従姉妹、飛鳥をいびりぬいた弟がいたんだった!

「忘れな草」の弥生の母は、南原夕子といって、北斗興産の創始者の末裔だった。東邦産業の血縁である上久家。北斗興産の創始者の末裔の母。その娘の弥生の争奪戦が始まり、昭菜の父もまた北一商事の一人息子。三つの企業の血筋が入り混じってる!
飛鳥だって東邦産業の血縁だし、婚約者の祐也にいたっては東邦産業の御曹司なんだし。

ところで、今回は昭菜が主人公であった。
北一商事の社長の本岡の元へ預けられたのは、禾田氏の知恵だった。あえて敵の中に大事な少女を置くことにより、敵の動きを封じ込め守る意味があった。
少女たちは自分たちの身の不運に、隠された運命があることなど知らずに、特に昭菜は、本岡兄を父と慕ってるのに、愛されず教育も取り上げられ、姉達にも言葉をかけられず、たった一人孤独に耐えていた。
母の弟だけが昭菜を愛してくれていた。誰からも許されず祝福されない愛。
壮大なスケールの一族の歯車により、姉の恋も翻弄され消えていく。
消えいく前に、昭菜へ渡された手紙。そこには愛されてなかったと思っていた父母の、隠された愛が綴ってあり、「花嫁人形」のなにが好きかって、ここが一番好きなの。
あんなに冷たかった父母、やはり親として子どもを愛せないわけがない。ドドドッと一気に涙が出たシーンであります。

そして昭菜は自分の幸せのために動き出す。飛鳥、弥生と共に運命が味方し、叔父のつよしと二人、禾田氏の元へ飛び込む。
で、結局、この先東邦産業、北一商事、北斗興産がどのようになっていくのか、隠された秘密も曖昧で、18年前に一体なにがあったのか、詳細は分からずじまい。「雪の断章」で出てきた西村刑事がまた出てきたり、一野木少年=高杉青年も、弥生の前に現れられないほどの、どんな復讐を遂げたのか知りたかった。

佐々木作品すべて読んだけど、これ以上彼らの過去を解く鍵はどこにもなかった。これで完結してしまったらしい。残念でした。

で、この姉妹編3編は、実は同時進行していることが随所に出てきます。昭菜の運命が、「忘れな草」の弥生の早計な行動により狂ってしまったことも出てきますしね。そして、「雪の断章」で飛鳥を大きな愛で愛してくれてた近端史郎がどの作品でもラストに出てきます。

ちなみに、「忘れな草」の高杉青年は「風花の里」にも出てるし。

posted by じゃじゃまま at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐々木丸美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。