2007年08月26日

ランナー あさのあつこ著。

≪★★★≫
「バッテリー」もまだ読んでないのに、「ランナー」を先に読んでしまいました。「バッテリー」は野球、「ランナー」は陸上。
共にスポーツで、ハードボイルド作家によくあるような、ライフルやマシンについて自己陶酔の内容みたいに、これもスポーツの世界における、専門用語や知識、ちょっとついていけない部分あるのかな?と
ちょっと距離を置いてたんですけど、まったくの杞憂だった。

走ることから逃げてしまった碧季には、抱えている家庭の事情があった。
夫の弟夫婦の娘を引き取り、気持ちを抑えられず憎んでしまう母、そんな母から一人ですべてを背負い妹を守ろうとする碧季。虐待されても母を慕う杏樹。
走ることから逃げてしまったのは、家庭の事情なのか。
それとも自分の弱さを母や妹に押し付けてるだけなのか。
走るという競技は、本来ゴールに向かって走ること、だけど碧季の走りはゴールさえも突っ切ってただ走っている、監督の言いたかったことが、その走りが想像できたことが嬉しかった。

どうしても愛せない母の苦しみ、娘の思慕、泣きましたね。
これもシリーズになるのでしょうか。彼らを見守っていきたい。
posted by じゃじゃまま at 23:26| Comment(9) | TrackBack(3) | あさのあつこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうやら、続編もあるみたいですね。
今度は読み間違う事無く、読みたいと思ってます(苦笑)
Posted by ゆう at 2007年08月27日 08:13
「バッテリー」を知らずに読んだのが良かったみたいですね。まあ、「バッテリー」も爽やかスポーツ系ではなく、心の葛藤や揺れがメインだけど。
あさのさん良いっすよ!
Posted by しんちゃん at 2007年08月27日 10:27
ゆうさんへ
あさのカラーを知らないで読んだので戸惑わなかったんでしょうね。「一瞬の風になれ」も予約が落ち着いたら読もうと思ってる本なのですが、そうか、読後感の問題なんですね。ふむふむ。

しんちゃんへ
あさのさんも児童向けに書いてるので、大島さんといい、傾向としては好きな作家さんになると思います。
これからがちょっと楽しみです。
あさのさんは「バッテリー」の予約が一段落した頃手を出すはずだったんですけど、なぜかこの本が手元に来ていました。
Posted by じゃじゃまま at 2007年08月27日 21:57
この本おもしろそうですね。
先に『ランナー』を読んだほうが
いいってことですか?
『バッテリー』も未読なのでこちらも
挑戦したいです。
息子が野球を始めたので『バッテリー』
は興味あります。
Posted by とも at 2007年08月30日 15:22
ともさんへ
私も「バッテリー」は未読なのですが、扱ってる題材からスポ根をイメージしちゃうじゃないですか。あさのさんはお初でしたし、どんなものを書くかまったく知らないで読んだので、ちょっと重そうなところも気にならずに読めた、ということなんだと思います。

でも「バッテリー」で超有名になった感がありますし、普通はそちらから入るのかな。私はたまたまだったんですけど。
私も他のあさのさんを知らないので、これから「バッテリー」を読むと、どう感じるんでしょうね。

ともさんの息子さん、野球始めたんですか?いいな〜、うちはサッカーや野球、まったく興味示さないんですよ。チームワークって大事だと思いません??
Posted by じゃじゃまま at 2007年08月30日 16:07
こんばんは、じゃじゃままさん。
ちょっというか、大分重たい話でしたね。
ランナーか、もっと違う話かと思っていました。
Posted by モンガ at 2008年03月20日 23:04
モンガさんへ
この本を読んだ時はまだ「バッテリー」は未読だったんですけど、比べるものではないけど、でも比べてみると、やはり「バッテリー」は児童書ですね。「ランナー」のようにシリアスな家族の問題はないし。
あの母親と少女の今後の展開気になります。
Posted by じゃじゃまま at 2008年03月23日 14:41
あさのさん、本来は元気溌剌ではない作品が多い作家さんだということを、うっかり忘れていました。
「バッテリー」は未読なのだけれど、「一瞬の〜〜」から引き続く光る汗の物語かと…。
タイトルに騙されました。重かったです。
Posted by ふらっと at 2009年04月23日 19:42
ふらっとさんへ
まだまだあさの歴が短い私ですが、元気溌剌ではないんですね!!!確かにそうかもしれないな〜。
「バッテリー」という言葉の持つイメージに騙されてました。(爆)てっきりそれに続くスポ根ものだと・・・。
Posted by じゃじゃまま at 2009年04月27日 22:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ランナー あさのあつこ
Excerpt: 陸上部に所属している高校一年の加納碧李。複雑な事情を抱えている家庭環境の中で、走る事を心の支えに力強く生きていく姿を描いた陸上小説。 親の離婚、虐待、挫折、苦悩、怒り・・・と、何とも切ない感情ばかり..
Weblog: かみさまの贈りもの〜読書日記〜
Tracked: 2007-08-27 08:11

「ランナー」あさのあつこ
Excerpt: ランナーあさの あつこ (2007/06)幻冬舎 この商品の詳細を見る 爽やかな陸上モノを期待してはダメ。そう情報が事前に入っていたので、読み方を間違えずに済みました。教えてくれた方々に感謝。おか..
Weblog: しんちゃんの買い物帳
Tracked: 2007-08-27 10:23

ランナー*あさのあつこ
Excerpt: ランナー(2007/06)あさの あつこ商品詳細を見る 『バッテリー』を凌駕する、新たなる代表作! この文体、この勢い、あさのワールドのまっただ...
Weblog: +++ こんな一冊 +++
Tracked: 2009-04-23 19:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。