2007年11月01日

空の中 有川浩著。

≪★★★≫
「海の底」が私の大好きなパニックものと聞いて、まずそれを読む前に順番に、と読んでみました。
映画でもゾンビとか怪物が出てきて、わーわーきゃーきゃーするの大好きなので、かなり期待してました。

航空自衛官と企業の調査官との恋、幼なじみの恋など、ニマニマする部分もあって楽しめたけど、肝心の怪物のところが、ちょっと期待外れ。
今回の空に浮かぶ「白鯨」は、謎の物体とされてて、人間とわりと友好的で、一部友好的じゃないのもいたけど、どのように関係を結ぼうかってところに重点が置かれてたので、私としては、友好的ではない(防衛的っていうんだっけ?)のがじゃんじゃん人間に攻撃してる様を、できれば街中の様子を中心に物語を書いて欲しかった。
そうすれば、私の大好きなパニックものが出来上がるってもので。

柴田よしき氏の「炎都」なぞ、私好みの仕上がりで、でもなかなかないんだよね〜、ただ怪物が出てくればいいってもんじゃないし、好みの加減がね。

ただ「空の中」は、まだまだこの先のために読み始めたので、決して嫌いではないぞ。お父さんと喧嘩したまま、仲直りしてないのに、事故で亡くした少女。それを深く後悔してる彼女に、「仲直りするつもりだったならば、それはもう仲直りできてるということ」と言った言葉と、「間違ってることをしたら、その先どんなに進んで誤魔化そうとしても間違いは取り消せない」、この二つの名言、肝に銘じよう。


posted by じゃじゃまま at 23:04| Comment(9) | TrackBack(6) | 有川浩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『白鯨』は言葉が通じるから、何だか妙に親近感のある存在でしたよね。
想像すると楽しそうだって所もありましたし(育ててみたいとちょっと思ったり…上手く育てられる自信はありませんが 笑)
次の『海の底』は、想像したくない怖さを私は感じましたよ〜(>_<)
Posted by エビノート at 2007年11月02日 21:04
パニックなら確かに『海の底』が打ってつけです。
巨大生物がうようよしてます。
でも私は白鯨に萌え……。
Posted by たまねぎ at 2007年11月03日 01:13
エビノートさんへ
私はその「海の底」読みたさにこれ読んだようなものです。(笑)今から楽しみです。
でも図書館シリーズの作家さんだとはまったく知らずに読んでました。ああ、あの本の作者だったのか!と軽くノックアウト。(笑)
個人的には白鯨は優しすぎて物足りません。(爆)

たまねぎさんへ
もう早く読みたいです!「海の底」!
それが読みたくてこれ読んだのですから。
宮じいなど登場人物は魅力的でしたね。私はあり川さんが女性だと思ってませんでした。舞台が舞台なので。
Posted by じゃじゃまま at 2007年11月03日 15:10
パニックものでなく、友好ものだったので残念でしたね。
二つの名言が、とっても素敵でした。

「海の底」は存分に楽しめますよ。
エビが食べられなくなるくらい(笑)。
Posted by 藍色 at 2007年11月04日 02:28
藍色さんへ
藍色さんも、たまねぎさんもエビノートさんも、これ以上私の期待を膨らませないでくださいよ〜〜。(笑)我慢できなくなります。
早く読みたい!!!なのに・・・まだ期限内に読まなくてはいけない本が5冊。。。
Posted by じゃじゃまま at 2007年11月06日 09:07
こんばんは。
遅ればせながら、このシリーズようやく手に取ってます。

「白鯨」君、歴史が長い分、大人でしたねぇ!
ものわかりがよくて(笑
今、「海の底」読んでます。
「あいつ」らは、ものわかりが悪そうでしたけど(爆

パニックものなら、オレも「炎都」のおぞましさが好きです!
Posted by じゅずじ at 2008年05月31日 21:35
じゅずじさんへ
「海の底」のようなのを期待していたので、平和的すぎて物足りなかったです。
「炎都」!!じゅずじさんもお好きですか!
私も大好きなんです!ただ炎都シリーズは進めば進むほど、私の好きな方向から広がりすぎてしまって・・・どう決着させるんでしょうね。

なので、映画「クローバー・フィールド」はまさしく私の大大大好きな展開で、DVD買っちゃおうか迷っています。(笑)じゅずじさんもきっとお好きなはず??
Posted by じゃじゃまま at 2008年06月02日 15:59
こんばんは。
宮じいの言葉、どれもこれもズシっときましたね。
たしかに「白鯨」はものわかりよくって
人間を襲ってるんだけど、それほど緊迫感は感じられませんでしたね。
Posted by なな at 2008年10月15日 21:37
ななさんへ
迫力のない未確認物体で、ワタシ的には町中大パニックになって逃げ惑う人々っていう展開が好きなので、物足りませんでしたね〜。(苦笑)
宮じいの言葉、自分のレビューで思い出しましたけど、普段すっかり忘れて生活してます。(爆)

でも改めて、やっぱり宮じいの言葉は仰る通り!!
Posted by じゃじゃまま at 2008年10月20日 10:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

空の中 〔有川 浩〕
Excerpt: 空の中有川 浩 メディアワークス 2004-10-30売り上げランキング : 8940おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 200X年、二度の航空機事故が人類..
Weblog: まったり読書日記
Tracked: 2007-11-02 20:57

空の中  有川浩
Excerpt: 皆さんこんばんは。有川浩アワーの時間がやってまいりました。今回は『空の中』です。男、たまねぎ不覚にも萌えてしまいました。しかもUMA(Unidentified Mysterious Animal)こと..
Weblog: 今更なんですがの本の話
Tracked: 2007-11-03 01:15

空の中 有川浩
Excerpt: 装丁・デザインは鎌部善彦。四国沖の上空、高度2万メートルで続けて起きた航空機事故。2件目は航空自衛隊の演習機。原因究明のため同じ空域に向かった、事故を免(まぬが)れた武田光稀三尉と日本航空機設計の..
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2007-11-04 02:28

空の中<有川浩>−(本:2008年15冊目)−
Excerpt: 空の中 出版社: メディアワークス (2004/10/30) ISBN-10: 4840228248 評価:90点 最高に面白かった。 SFとラブコメが見事に融合したエンタメ作品。 ..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2008-01-27 20:26

【空の中】 有川浩 著
Excerpt: 未確認知的生物… それは、「高度2万Mに潜む」 [:びっくり:] 200X年、二度の航空機事故が人類を眠れる秘密と接触させた。「変な生き物ゆうたわね?そやね?」―秘密を拾った子供たち。「お..
Weblog: じゅずじの旦那
Tracked: 2008-05-31 21:27

「空の中」有川浩
Excerpt: 空の中 (角川文庫 あ 48-1) 有川 浩 JUGEMテーマ:読書 200X年、二度の航空機事故が人類を眠れる秘密と接触させた。「変な生き物ゆうたわね?そやね?」―秘密を拾った子供たち..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2008-10-15 21:35
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。