2008年02月08日

ジウ(3)新世界秩序 誉田哲也著。

はいはい、やっとジウシリーズ終わったよ。
ジウは1は面白かったのに、2で、理解不能の世界に行っちゃって、3で多少世界が戻ってきたような気がするけど、でもやっぱ2で遠くに行き過ぎちゃったので、なんか今さらね〜って感じ。

ま、ストーリー的には理解できたので、よかったけど。
基子が憐れで切ないよね。美咲と基子じゃ、この先の人生が違いすぎ。
美咲の、わざとじゃないんだろうけど、いい子ちゃんぶりも私は好きじゃないし、多分友だちだったら、内心で美咲のこと(やな女)とか思っちゃいそう。
歌舞伎町があんなになったら怖いよね〜。でも、新世界秩序の望んでることって滑稽なくらいありえなさすぎで、一体私は誰の作品を読んでるのか、途中で分からなくなっちゃった。
posted by じゃじゃまま at 13:57| Comment(3) | TrackBack(2) | 誉田哲也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうそう、2はちょっと遠くへ行き過ぎた感がありますね。
「ここはどこ?」っていう感じでした。
Posted by ふらっと at 2008年02月08日 17:07
お疲れさまでした。
「国境事変」がこれの姉妹編でした。
東弘樹が主役のひとりなので、覚えていた方がいいかも。
Posted by しんちゃん at 2008年02月09日 12:16
ふらっとさんへ
3部作でなにがいいたかったんでしょうね。1の時にはまったく想像もつかない展開でした。ジウよりもミヤジの物語みたいになっちゃって・・・。タイトル「ミヤジ」じゃ・・・ちょっとね〜。(爆)

しんちゃんへ
今まさに「国境事変」読んでます。さすがに東、覚えてます。男性陣を萌えさせた美咲(笑)、今回は出てくるんでしょうか。
でも、まだエンジンかからなくて、すぐに眠くなっちゃうんですけど・・・。
Posted by じゃじゃまま at 2008年02月11日 16:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ジウ?―新世界秩序*誉田哲也
Excerpt: ☆☆☆☆・ ジウ〈3〉新世界秩序 (C・NOVELS)誉田 哲也 (2006/08)中央公論新社 この商品の詳細を見る 総選挙ただ中の日本―新宿東口で街頭演説中の...
Weblog: +++ こんな一冊 +++
Tracked: 2008-02-08 17:08

「ジウ」誉田哲也
Excerpt: ジウ―警視庁特殊犯捜査係 (C・NOVELS)誉田 哲也 (2005/12)中央公論新社 この商品の詳細を見る 第一特殊犯捜査二係の門倉美咲巡査と伊崎基子巡査。...
Weblog: しんちゃんの買い物帳
Tracked: 2008-02-09 12:11
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。