2008年03月08日

さよなら、そしてこんにちは 荻原浩著。

≪★★★≫
サクサク読めたな〜。そして装丁っていうの?これ、好き。タイトルページにそれぞれ描かれてるこの紙の手触りとか、色使いとか、すっごくいいよね。
荻原氏って、「千年樹」、そして次が「押入れのちよ」ときたもんだから、こんな柔らかい手触りのお話書くとは、なるほどね〜。
でも、最近男性作家読んでると、一瞬誰のか分からなくなるの多いね。似てるというのか。
表題作の「さよなら、そしてこんにちは」は葬儀屋の社員のお話。なかなか興味深いというか、葬儀屋さんが出てくるお話って読んだことなかったから、是非今後も焦点を当てて欲しいかも。ドラマありそうだしね。

「ビューティフルライフ」はリストラされたお父さんが、一念発起して山奥で農業をやっていこうってお話。どう見ても、先行き不安なんだけど、ふふって笑えちゃう。私は、この話結構好きだった。
家族がまとまって引っ越しするなんて、温かいじゃない。普通なら、田舎で暮らそうっていうお父さんに、妻も娘も大反対ってなりそうなのに。
そして、一人息子が不登校っていう問題とお父さんの決意は、実は決して無関係ではなくて、でも家族の誰一人としてそのことを口に出さない。そういう思いやりが、ね〜〜、私は好きなのよ。

「美獣戦隊ナイトレンジャー」は、憧れの君の本性を見てしまった人妻。そういうオチか、って思ったけど、でも、憧れの君に逢うために子どもをダシにしてテレビの前に陣取る、あの苦労。そんなことしなくっても言えばいいじゃんね〜って思うけど。姑にも夫にも。
どうってことないと思うんだけど。馬鹿にされようかなんだろうが、別に「ファンなんです〜」で済む話だと思うんだけどね。
男性作家さんには、主婦(嫁)を美化してないか?奥ゆかしいのを想像してるのだろうか。図太いんだけどね〜。姑はともかく夫だったら「どいてよ!見えないじゃん!!」くらい言えそうだけどね。

「寿し辰のいちばん長い日」これも好きだったな〜。妙に寿しが食べべたくなったよ。偏屈な職人気質のおやじの見栄が、悲しい、というか悔しいオチで、なんだか自分が損した気になった。

「長福寺のメリークリスマス」は、せっかく妻と娘のために、今まで禁じていたクリスマスを解禁し、喜ばせようと変装までしてツリーを買いに行ったのに、恩師に遭遇してしまった僧侶の不運。
妻の気分になって、あ〜あ、勿体無い、と呟いてしまった。

他「スーパーマンの憂鬱」「スローライフ」


posted by じゃじゃまま at 22:35| ☔| Comment(10) | TrackBack(8) | 荻原浩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
悲喜こもごもな短編集でしたね。
「美獣戦隊ナイトレンジャー」、そんな苦労しなくっても言えばいいのにって思ったのは私だけじゃなくて安心しました。
すでにこのジャンルにもイケメン好きの主婦ファンって浸透してると思いますので。

Posted by 藍色 at 2008年03月09日 02:17
藍色さんへ
そうそう!あそこまで言えない主婦って滅多にいませんよね。嫁(主婦)は姑や夫に頭が上がらない、なんて幻想持ってないですよね?(笑)
ファンになったら、姑だって怖くないです。(爆)
Posted by じゃじゃまま at 2008年03月09日 08:22
去年、荻原さんの講演会を聴いたのだけれど
思っていたとおりシャイな感じで
でも、言葉をとても大切に選んで、考えに考えて一作一作を書かれていることが伝わってきてうれしくなりました。

本作も、そんな荻原さんのエッセンスがいろんなところに少しずつちりばめられているようで、愉しみました。
Posted by ふらっと at 2008年03月09日 08:39
こんにちは。

「スローライフ」への皮肉?…
笑っちゃいけないと思いつつ、ついつい納得してました。
楽しませてくれる、一冊でしたね!
Posted by じゅずじ at 2008年03月09日 11:36
 「ビューティフルライフ」は良かったけど、他の短編と比べるといささか異質だったような気がするんだよねぇ。
Posted by higeru at 2008年03月09日 21:43
装丁かわいらしかったですね。
絵と色使いがすごく素敵でした。

「美獣戦隊ナイトレンジャー」私も言っちゃえばいいのにって思ってました。
私だったら声高らかに発表して、誰にも邪魔されないようテレビタイムを楽しむだろうなぁ。
Posted by なな at 2008年03月10日 13:13
あはは!みなさん、戦隊モノの主婦には意見がありそうですね。
もっとも、私もその一人ですが(笑)
Posted by ゆう at 2008年03月10日 15:21
ふらっとさんへ
荻原さんはシャイな方なんですね〜?
イメージでは・・・そっか、考えたこともなかったですけど、初読みが「千年樹」だったので、ちょっとギャップありますね。でもどちらも好きです。

じゅずじさんへ
「スローライフ」・・・全然スローじゃないですよね。私にはあんな生活できません。
料理にあんなに時間もかけられないし・・・(爆)

higeruさんへ
異質でしたか?自分では絶対田舎暮らしできないけど、きっと心のどこかでのんびりと人とあまり接しない生活望んでいるのかもしれないな〜。(苦笑)家族だけで・・・憧れます。

ななさんへ
ね〜〜〜!!本当に。なんで言えないんでしょう。
きっと荻原さんは、主婦になにか幻想抱いてません?(爆)

ゆうさんへ
イケメン俳優にハマってること言えない奥ゆかしい主婦なんて・・・(笑)
姑にチャンネル変えられたら、私なら仕返ししますね。(爆)ああ、でも主人の実家では言えてないか。(更爆)
Posted by じゃじゃまま at 2008年03月13日 13:58
寿し辰のお寿司、食べてみたいですよね。
おまかせにしたら、いくらとられるのか、こわい気もしますが・・・・・・
Posted by 花 at 2008年12月08日 19:02
花さんへ
おまかせなんて・・・一度してみたいですね〜〜。
でも、怖いですよね〜〜〜。プロの職人さんなら、見た目で懐具合見抜かれそうですけど。(笑)
Posted by じゃじゃまま at 2008年12月10日 11:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

さよなら、そしてこんにちは 荻原浩
Excerpt: イラストレーションは北村裕花。ブックデザインは鈴木成一デザイン室。「小説宝石」などに掲載の短編集。 葬儀社の営業マン、脱サラ農業の...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2008-03-09 02:17

さよなら、そしてこんにちは*荻原浩
Excerpt: さよなら、そしてこんにちは(2007/10/20)荻原 浩商品詳細を見る テレビ番組の健康コーナーを日々チェックしながら仕入れに追われる、スーパーの...
Weblog: +++ こんな一冊 +++
Tracked: 2008-03-09 08:40

【さよなら、そしてこんにちは】 荻原浩 著
Excerpt: 日常の「あり得る」話を、「世の中」の話を、うま〜く皮肉っている… 時代に翻弄される人たちの可愛しさ、哀しさを描く。ユーモアあふれる軽妙洒脱な文章で綴る、書下ろし一作を含めた短編七作。 ■さ..
Weblog: じゅずじの旦那
Tracked: 2008-03-09 11:30

【荻原浩】さよなら、そしてこんにちは
Excerpt:  荻原浩とくれば当然長編、と勝手に思い込んでいたのだが…短編集でした。 光文社 2007/10/25 初版一刷発行  7話の短編の最初が表題作「さよなら、そしてこんにちは」。主人公は葬儀社..
Weblog: higeruの大活字読書録
Tracked: 2008-03-09 20:40

家日和 奥田英朗
Excerpt: 家日和奥田 英朗 (2007/04)集英社この商品の詳細を見る <あなたは一体どのタイプ。抱腹絶倒の在宅小説> 久しぶりの奥田さんの作品ですが、...
Weblog: それでも本を読む
Tracked: 2008-03-09 22:39

「さよなら、そしてこんにちは」荻原浩
Excerpt: さよなら、そしてこんにちは 荻原 浩 JUGEMテーマ:読書 仕事に家庭に、一生懸命がんばるんだけど空回りしちゃってる人たちの物語。各篇冒頭のイラスト、それぞれの主人公が書かれているんだ..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2008-03-10 13:14

本「さよなら、そしてこんにちは」
Excerpt: さよなら、そしてこんにちは 荻原浩  光文社 2007年10月 仕事を題材にした短編集。 さよなら、そしてこんにちは 笑い上戸なのに葬儀屋さんの仕事をしているから笑顔..
Weblog: <花>の本と映画の感想
Tracked: 2008-12-08 19:00

さよなら、そしてこんにちは<荻原浩>−(本:2009年29冊目)−
Excerpt: さよなら、そしてこんにちはクチコミを見る # 出版社: 光文社 (2007/10/20) # ISBN-10: 433492574X 評価:88点 先日、「愛しの座敷わらし」で荻原..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2009-02-26 00:24
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。