2008年03月25日

東京公園 小路幸也著。

≪★★★★≫
今まで小路氏は、面白くないわけじゃないし、でも感性の相性はまあまあかなって程度だったんだけど、これでグンと近づいた。
幼い頃に母を亡くした圭司。フォトグラファーだった母の影響もあって写真を撮ることが大好き。とくに、公園で心の感じるままに家族写真を撮ることが。
撮った家族とは、必ず写真を送る。それが縁で付合いが続くこともよくある。私も写真好きだから(といってもあの絞りがどうとかこうとか、現像の辺りで学生時代に脱落)そういう圭司の生活態度に好感を持った。

ある日母親と子どもを撮っていると、夫がやって来て、妻を尾行して写真を撮って欲しいと頼む。言われるまま、公園での母子を撮り続けているうちに、二人の間に流れる空気が変わる。

圭司の義理の姉や、継母。父。友人のヒロや真山君。中学時代にちょっとだけ付き合ってた富永。悪人がいなくて、読んでいると、心がふわふわ温かくなってくる。
てっきり短編の連作かと思ってたら、長編ってことだよね。
圭司の同居人、ヒロの過去に犯してしまった罪、その被害者となった家族の話には、涙が止まらなかった。こういう風に自分で立ち上がってくれる青年なら、更生を信じられるよね。これは泣いた。

いろんな公園が出てきて、百合香さんとかりんちゃんが陽だまりの公園で遊んでいる姿は、幸福すら感じる。
ああ、私もいろんな公園に出かければよかったな、と思うんだけど、正直、小さい子抱えて電車に乗ってまで公園は無理。

近所の公園で近所の友だちと一日走り回ってればそれでよし、だもん。あんな優雅なことはできましぇ〜〜ん。

お姉さんと圭司、結局どうなんだ?私は、富永はちょっとパスだぞ。
posted by じゃじゃまま at 16:05| ☔| Comment(9) | TrackBack(6) | 小路幸也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ときどきこういう本を読むと
胸の中に澱んでいるものがリセットされる心地がします。
Posted by ふらっと at 2008年03月25日 17:24
ふらっとさんへ
はいはい、リセットされました。(笑)
ちょうど今たくさん心の中澱んでいて、こういう作品はいいですね。
Posted by じゃじゃまま at 2008年03月25日 17:34
公園で撮る写真、同級生との映画鑑賞会
お姉さんとの帰郷など色んな要素がもりこまれていましたね。
綺麗なかっこうで、今日はこっちの公園
明日はあっちの公園と行けたらいいけど
現実はそうはいかないものですよね。
Posted by なな at 2008年03月25日 22:28
こんばんは!
表紙の突き抜けた空のごとく、爽やかで晴れやかで、青春のむず痒さも残るような心地良い作品でした。
友達同士集まってお喋りしながら映画を観たりが、とっても楽しそうでちょっと羨ましいな。
Posted by 雪芽 at 2008年03月26日 00:33
悪人がいなくて清々しい気持ちになる物語でしたね。
もう少し暖かくなると、広々とした運動公園も楽しいですよ。
Posted by 藍色 at 2008年03月26日 02:35
こんにちは。
マイナスイオンがいっぱい出ていましたね。
サブキャラのエピソードも読ませるし、こういう小路さんもいいですよね。
Posted by しんちゃん at 2008年03月26日 10:38
こんにちは、じゃじゃままさん。
カメラを買ったときによく散歩コースの本を持って、講演を散策していましたので、ちょっと懐かしいものがありました。これからの季節は、散歩もいいですよ。
Posted by モンガ at 2008年03月26日 12:23
じゃじゃままさんこんばんは。読んだ直後は座りが悪かったのですが、今では圭司、ヒロ、富永の三人が作っていた穏やかな空気が印象として残っています。やはり読んだタイミングが悪かったのか(汗)
小さな子供を連れて毎日電車であちこちとは、やはり難しいんですね。電車や駅でベビーカーのお母さんを見ると大変そうだなと思ってましたが。特に都心なんかは昼間でも混んでるし。
Posted by たまねぎ at 2008年03月26日 23:59
ななさんへ
実際には子連れで電車に乗って公園、なんて難しいですよね。
仲のいいグループや家族で行くならともかく、一人で公園まわるのは、どうだろ。
準備して、ああだこうだやってるうちにお昼近くになっちゃいそうです。

雪芽さんへ
私は映画は一人で観たい派なので、物語の中の3人は微笑ましいのですが、自分に重ねてみると、やっぱり一人でじっくり観たいなかな〜。
家で見てる場合、近くに人がいると、観てる間の沈黙、気を使っちゃって話しかけたくなっちゃうんですよ。(爆)

藍色さんへ
公園めぐりにいい季節になってきましたね〜。近所では桜が咲いてたりして、今見頃。
頭の中では、子ども連れて、あそこにもここにも、って思うんですけど、実際は大人がもう一人いないと、二児はきっつい。(笑)

しんちゃんへ
ほ〜んと、登場人物が善人で癒されました。ヒロのエピソードも泣かせましたしね。
あの人妻さんのホテルは、結局ご主人の実家に呼ばれてたってことですか。そこんとこさら〜と流しちゃったので。

モンガさんへ
公園は春が一番気持ちいいですよね。
公園で家族に目が向いてしまうのって、特に春だと圭司の気持ち分かります。
私は駒沢公園と日比谷公園がお気に入りでした。いろんな思い出が・・・。(^^)

たまねぎさんへ
公園って、大人のデートにもぴったりですよね。
でも子連れで行くなら、やっぱり近所がいいかな〜、特に母子だけなら。
家族で行くなら、大きな公園いいですね。お弁当持って・・・圭司がカメラ向けちゃうの、なんとなく分かります。
Posted by じゃじゃまま at 2008年03月27日 18:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

東京公園*小路幸也
Excerpt: ☆☆☆☆・ 東京公園小路 幸也 (2006/10/28)新潮社 この商品の詳細を見る 「幼い娘と公園に出かける妻を尾行して、写真を撮ってほしい」―くつろ...
Weblog: +++ こんな一冊 +++
Tracked: 2008-03-25 17:25

「東京公園」小路幸也
Excerpt: 東京公園 小路 幸也 カメラマン志望の圭司は大学で建築の勉強をしながら休みの日には公園に出かけていって「家族」の写真を撮る。ある日、カメラを向けた母と子。その夫・初島さんから「平日、公園に..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2008-03-25 22:28

「東京公園」 小路幸也
Excerpt: 東京公園小路 幸也 / 新潮社(2006/10/28)Amazonランキング:37742位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog シャッ..
Weblog: コンパス・ローズ  compass rose
Tracked: 2008-03-26 00:25

東京公園 小路幸也
Excerpt: カバー写真は広瀬達郎(新潮社写真部)。装幀は新潮社装幀室。書き下ろし。 主人公で語り手の志田圭司は、旭川出身でカメラマン志望の大学...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2008-03-26 02:35

「東京公園」小路幸也
Excerpt: 東京公園小路 幸也 (2006/10/28)新潮社 この商品の詳細を見る まだ自分が小さい頃に死んでしまった母親のことを思うとき、いつも最初に浮かんで...
Weblog: しんちゃんの買い物帳
Tracked: 2008-03-26 10:34

東京公園  小路幸也
Excerpt: 母親の遺した一眼レフを手にカメラマンを目指している志田圭司。 彼はいくつもの公園を渡り歩いては、そこにいる家族の写真を撮っていた。 ある日、水元公園でベビーカーを押す若い母親の姿を見つけた圭司..
Weblog: 今更なんですがの本の話
Tracked: 2008-03-27 22:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。