2008年06月07日

モーニング 小路幸也著。

≪★★★≫

大学時代の仲間が死んだ。真吾の葬儀出るために二十数年ぶりに集まった、大、淳平、ヒトシ、ワリョウ。
それぞれの日常へ戻るべく空港へ向かう途中、淳平が「俺は死ぬ」と言い出す。大事な仲間を失った今、ここでまた仲間を失うのか、と残った友人たちは自殺を止めさせる為に、車で金沢→茨城→東京へとロングドライブへと淳平を誘う。

彼らの大学時代の思い出。大の実家の離れでの共同生活。淳平の人生を変えた一人の女性、茜との出会いと別れ。茜の妹である裕美子と真吾の結婚。
自殺の本当の理由とは。茜と、彼らの間になにがあったのか。

彼らの過去の話はすごく興味深くて、ところどころに謎があり、茜はどんな存在で、そして、茜の過去になにがあって、彼らはなにをしたの?とミステリ小説だったんだけど、最後の最後で、サプライズだった。
それは、読み終えて時間が経てば経つほどに、なんか胸にズ〜ンと来るような真実だった。なるほど、そうか、へ〜、って。隠されてきた関係が、後から、重い意味に思えてきて。

ラストの3ページ強は、よかったな。突然曲調がアップテンポに変わったような明るさがあって、嬉しくなって何度か読み返してしまった。なんってこともない、大の既婚者になったのと、淳平の新たな生活が、でも嬉しかった。

ただ、茜の過去が、ちょっと陳腐だったかな〜。彼らがしたこともなんか中途半端なような。そうは思ったけど、ラストで、本当の真実を知ってしまったら、そんな陳腐なこともメインじゃないからいっか、と見逃すことにした。


posted by じゃじゃまま at 22:39| ☁| Comment(8) | TrackBack(5) | 小路幸也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽しそうな大学生活に潜んでいた謎。興味深かったです。
最後の最後のサプライズ、そうだったのか!?ってなかなか衝撃でした。
ラストはいい印象で読み終えられてよかったです。
Posted by 藍色 at 2008年06月08日 01:00
淳平の真意は、彼自身が明かさなければ
だれにも想像できなかったことでしょう。
衝撃的だったけれど、なるほど・・・と思わせられもしました。
じゃじゃままさんがおっしゃるとおり
急にアップテンポな曲調に変わったようなラストシーンにはよかったですね。
読んでいるこちらもほっと肩の力を抜くことができました。
Posted by ふらっと at 2008年06月08日 08:28
こんにちは。
少し引っかかる部分はありましたけど、久しぶりに小路さんらしい作品だったと思いました。
若者たちの同居生活っていいなー、なんて憧れてみたり、友との絆に涙したりみたり。
こういう作品をまた読みたいです。
Posted by しんちゃん at 2008年06月08日 12:10
藍色さんへ
衝撃的でしたね、サプライズ。誰も想像できなかっていうか・・・。そういえばダイが、淳平と真吾が高校から一緒だったわりには二人でいる印象が薄い、みたいな発言があって、あれが真相分かってからじんわりきたんですよね〜。深い伏線だな〜って。茜さんのことは吹っ飛んでしまいました。(爆)

ふらっとさんへ
よくぞダイは気付きましたよね。
衝撃的な真相もそうですけど、芝居に気付かなかったら、最後淳平はどうするつもりだったんでしょうね。
ロングドライブから数ヵ月後の彼らが、現実に戻ったんだな〜って実感できてよかったですね。

しんちゃんへ
淳平と真吾のことですね、引っかかったのって。
あれくらいの衝撃がないと、ロングドライブまでにはならないですよね〜。
茜さんのことなんて吹っ飛んでしまいましたよ。
これがまた、茜さんにまとわりついてた中島(でしたっけね)が、まるで2時間ドラマの悪役ばりで・・・(爆)
Posted by じゃじゃまま at 2008年06月13日 21:46
大学生時代の友情っていいなと思って読んでいましたが、関係をずっと隠して付き合っていたことにびっくりでした。えっ?て感じでしたね。
Posted by 花 at 2008年07月11日 21:24
花さんへ
結構後から来る衝撃でした。
最初は、そうだったのか、程度だったのが、だんだん、え〜、でもさ〜、そうなの?って風にじんわり浸透・・・。(苦笑)

茜さんにまとわりついてた中島とのエピソードが小説的でイマイチだったかな。
Posted by じゃじゃまま at 2008年07月12日 22:31
淳平の自殺の理由は?茜には何が起こったの?
婚約者に何をしたの?と続きが気になる物語でしたね。
ラスト3ページ。それぞれのその後、楽しそうな感じが
すごくよかったのですが、
それでも真吾も茜ももういないんだな…って
寂しさも感じました。
Posted by なな at 2008年08月08日 22:59
ななさんへ
過去にどんな辛いことがあっても、時間が経ってそれぞれの生活に戻っていったり、踏み出せたり、それが救いでしたね。
一緒にいた仲間がいなくなるって、そこだけぽっかり穴があいちゃいますよね。
Posted by じゃじゃまま at 2008年08月14日 00:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

モーニング 小路幸也
Excerpt: 装画は松原シホ。装丁は加藤岳。「J-novel」掲載。Mourning意味は喪・哀悼。 大学時代の仲間、真吾の葬儀後、自殺を口にした淳平は理由を当てた...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2008-06-08 00:51

モーニング Mourning*小路幸也
Excerpt: モーニング Mourning(2008/03/19)小路 幸也商品詳細を見る 自殺を止めるべく仲間の一人を説得する中年男たち。 八十年代の大学生活を顧みるうちに、...
Weblog: +++ こんな一冊 +++
Tracked: 2008-06-08 08:29

「モーニング」小路幸也
Excerpt: モーニング Mourning(2008/03/19)小路 幸也商品詳細を見る 慎吾の葬儀が、終わった。涙が、溢れてきた。大声で泣きそうだった。生まれて初めてだ。...
Weblog: しんちゃんの買い物帳
Tracked: 2008-06-08 12:02

「モーニング Mourning」小路幸也
Excerpt: モーニング Mourning 小路 幸也 JUGEMテーマ:読書 交通事故で亡くなった大学時代の友人真吾の葬儀に集まったダイ、淳平、ワリョウ、ヒトシの中年の男たち。彼らは大学時代バンドを..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2008-08-08 22:59

モーニング
Excerpt: モーニング Mourning/小路 幸也 ¥1,680 Amazon.co.jp 「モーニング」 小路幸也・著 実業之日本社・出版 『学生時代の旧友再会、過去と現在ロードノ..
Weblog: 個人的読書
Tracked: 2008-10-15 23:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。