2015年09月07日

ダブル・フォールト 真保裕一著。

《★★★》

ある意味で予想を裏切られた。
イソ弁である本條務はボスである高階からある殺人事件の弁護を任される。
町工場のヒーロー的存在である事務所は、街金融経営の成瀬を殺害してしまった町工場経営者の戸三田を救うべく、被害者である成瀬の周辺調査を本條に任せる。
ところが、本條は戸三田との接見で疑いを持ち、彼の供述を信じられないまま弁護をスタートさせる。

もちろん読者である私は戸三田を実際に見てないし、真保氏の書く本條視線での情報しか得られないので、正直、本條がどこでどう疑いを持ったのか、共感できないままだった。
被害者の娘である成瀬香菜が父親の過去を探る本條に対して敵意を剥き出しにして妨害をしかけてきても、それに翻弄される本條にイライラさせられ、挙句、香菜に手を貸すに至っては、もう呆れて、この物語は、本條の成長物語なのか・・・サスペンスではないのか、とがっかりしてしまった。

結局、殺された成瀬は悪人に見えてさほど悪人でもなく、加害者の戸三田が普通に悪人、被害者の娘に恋をした本條の弁護士成長物語なのか、と。
事件そのものも別に裏もなく・・・。

と思っていたら、そう裏切られたわけだ。

やっぱり真保氏の作品だった!思わずラストは泣いてしまった。

確かにね、戸三田の弁護から外された本條が、ボスの過去や事件の裏を暴きだして、そこまでの経緯は社会人としてどうかと思ったけど、真実は悲しいものだった。
本当は隠したい真実だったのだろうけど、だけど本條の行動は最終的には正しく、救うべきでない者はそれなりに救われず、救うべき人間は救われたのでは、と思った。

あのままでは上っ面の事件経緯では戸三田の家族は救われないでしょ。加害者なんだけど、でもそこには事情があって、成瀬は被害者なんだけど、悪いことしたわけだから。
もちろん香菜たち身内にとっては、それは聞きたくない知りたくない父親の素行だけど、だからといって殺されていい理由にもならないだろうけど、物語的にはうまくまとまったなと思った。

なんだ、ただの成長物語じゃなかった。ちゃんと裏があった。
そして泣けた。

あの不良娘の香菜のキャラが、冒頭と最後では別人のようだったけど、そこだけがうまくいきすぎてるような気もしたけどね。



posted by じゃじゃまま at 16:28| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 真保裕一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

猫背の虎 動乱始末 真保裕一著。

《★★★》


安政に起こった大地震。その後に起こった江戸の町の混乱を、図体は大きいが、仏の大龍と親しまれた亡き父や隠密廻りさながらの母、二人の出戻りの姉に気圧され、ますます猫背になっていく同心、大田虎之助の動乱始末記。

「第一章 大江戸動乱」 臨時の臨時で本所深川の市中見廻りを仰せつかった虎之助は、父の片腕であった岡っ引き松五郎の力も借りて、江戸の町を走ることとなる。
かつて自分の妻と娘を奪った義弟が目の前にいた。料理人佐吉は復讐しようとするも、人違いをしてしまった。虎之助は佐吉を罪に問うのではなく、佐吉をそこまで追い詰めた過去を思い、働く場を与える。それは佐吉に生きる希望を与えることでもあった。

「第二章 神隠し」 千香は地震の混乱に亭主の浮気相手の赤ん坊をさらってしまった。
船宿の主人、重吉の愛人が死んでおり、隠し子がいなくなっていた。ところが、重吉の女房は無実だった。
亭主に浮気されている女が二人。虎之助は千香が反省していることを認め、「子供をさらったのではなく、地震で潰れた家から助け出してあげたのだ」と。そんな千香には、亭主よりも心配してくれる使用人がそばにいるから、救われた。

「第三章 風聞始末」 地震のあとの混乱や人の不幸を読み物として生業にしている男がいた。妻や舅に軽蔑されるも、とうとう幕府を陥れる読み物にまで手を出してしまい危うく口封じされるところだった。それでも男は妻や子供の約束を破ってまで元の道に戻ってしまう・・・。

「第四章 返り花」 遊女に恋した男がいた。地震の混乱の最中、新しい人生を与えようと画策するが、ばれてしまう。それを切なく見つめる虎之助。
仲間の六郎衛門のことをとやかくは言えない。自身もまた同じように許されない恋をしているのだから。

「第五章 冬の紅」 佐吉の密告通り、町会所の米の数が合わない。調べる虎之助は、亡き父の不正を疑う。
徐々に明らかになる真実。そして、かつて佳代との縁談が進んでいたことも知り、運命の皮肉を思う。
愛する佳代は、夫の元へ戻ってしまい、切ないような、でも佳代と見代の醜い姉妹の争いも見てしまったから、虎之助には今度もっといい縁談を持ってきて欲しい。

佐吉の義弟もこのまま許したくないし、そういえば籠の中の死体、どの章で解決したんだっけね。
ところどころ章をまたいでたから忘れちゃった。


posted by じゃじゃまま at 17:36| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 真保裕一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

天魔ゆく空 真保裕一著。

≪★★★☆≫

細川政元。将軍の首をすげ替えるほどの知略に長け、半将軍とも呼ばれた男。
幼い頃から自分の出自を疑い続け、孤独の中で細川家を支えるために周りの者をわざと怒らせ、人の本質を探り続ける。姉との仲を疑われつつも、一生嫁は取らなかった政元は、なににそこまで執着していたのだろう。

天狗のように身も心もなりたかったのか。人の心を持たず、天魔と呼ばれ、果ては配下の者に暗殺された男の一生。

細川とはあの細川か。
真保氏の「覇王の番人」以来、戦国武将ににわかに興味を持った私であるが、あれ以来、明智光秀が大好きで、明智はいい人、織田信長、豊臣秀吉は嫌な奴、という短絡的だけど、そういう構図が出来上がってしまった。

で、明智光秀を裏切った者はたくさんいたけど、私の中では真っ先に細川家が出てきて、この「天魔ゆく空」でも、あの細川か!!とどうも見る目が厳しくなってしまった。

後々の細川家があの裏切り者の細川だよね。

やっぱ細川の血筋には嫌な血が流れてるんじゃないの!?と思ってしまう。
これは私の見解ですが。

ま〜、あの時代は誰が将軍だとか、次はこの人だとか、庶民からすればどうでもいいようなことだけど、侍さんたちは忙しい忙しい。
政元も、十代将軍が気に入らなくて、十一代将軍を担ぎ出し、お飾りに仕立て上げて、自分が牛耳って・・・そもそもそういう周囲が勝手に自分の欲のために牛耳るのか許せん!ってんで、将軍の首をすげ替えるという暴挙に出たんじゃないの?

「あなたしかいない」とおだてあげて十一代将軍をその気にさせておいて、結局自分も同じように権力握りたかっただけじゃん、みたいな。

日本って、昔からあんまり変わってないんだね。結局。

ちょっと進みが遅かったのは、歴史に疎い私にとって馴染みのない時代だったせいもある。
織田信長より70年くらい前の話で、覚えのある名字は出てくるけど、若干時代が遡ってるため、え〜っと、って考えながら読んでしまった。

でも「覇王の番人」以降、是非是非歴史小説をまた読みたいと願っていたので、真保氏の小説期待通りだった。できれば、他の武将の物語も読みたいので、真保さん、お願いします。斉藤道三とか、悪人すぎて、どんな側面があるのか興味あるし。

それにしても真保氏の歴史小説のタイトルは、本当にうまい。心底唸ってしまうくらい納得。





posted by じゃじゃまま at 22:31| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 真保裕一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

天使の報酬 真保裕一著。

≪★★★☆≫

邦人保護を担当する外交官黒田の元へ、とある邦人の捜索の現場に立ち会うよう指示が入る。
娘の失踪事件と、その現場をテロ容疑として捜索する現地の警察。そして事情を知っていそうでなにも言わぬ父親の態度。
父親が元官僚で今は薬害訴訟で被告になっているアメリカに本社のある製薬会社勤務という背景にますます不信感を持つ黒田。
娘が偽造パスポートで日本に入国していることが分かり、黒田もまた日本へ。

そして父親も、黒田や現地警察にはなにも告げずに、日本へ。
黒田は、この父親はなにかを知っていると確信するが、謎を解くには霜村一家の兄の行動、そして交通事故が鍵となっていく。

前作はまるで映画化のために書かれたのかって思ってしまうくらい、陳腐に思えたんだけど。(読んでいる間中、織田裕二がチラチラと)
今作は、真保氏らしい入念な設定がうかがえて、嬉しくなった。

とはいえ、なにやら事情が込み入っていて、いやいやそれも薬害訴訟がらみでなにかあるのかと思ってたから、我慢して読んでたけど、だんだんとあれ?そっちに行くの?って。

幼児買春や恐喝、入れ替え殺人、大物政治家と馬鹿息子、隠蔽のためにそこまで、あらその人まで、って。
舞台を大きくしたなと思ったんだけどね、揉めてるのはこの辺の人たち、って感じでした。

それでも真保氏らしい方向性だなと思った。



posted by じゃじゃまま at 21:56| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 真保裕一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

ブルー・ゴールド 真保裕一著。

≪★★≫

大手商社から怪しげな関連会社へ出向させられた薮内。出向を画策した上司から、出向先の内情をスパイせよ、と命じられる。
新しく上司となった社長の伊比は、業界でも有名なやり手で、ある土地の買収に早速薮内は走らされる。
強引な土地買収に、水質汚染の公表とあからさまな妨害工作。

綿密な真保氏らしく、もっともっと読み込めるかと思ったんだけど、最近は、なんだろう?軽さも加わって、それが読みやすいと言う人もいるかもしれないけど、なんとなく真保氏らしくなく、イマイチペースが上がらなかった。

時間的にも精神的にも余裕のあるときに、もう一度読み直したい本だ。

posted by じゃじゃまま at 22:22| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 真保裕一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

デパートへ行こう! 真保裕一著。

≪★★☆≫
深夜のデパートに、訳ありの人間ばかりが集まった。
贈収賄事件に合併問題と揺れているデパートを舞台に、これでもかこれでもかと様々な人間が、ある者は目的を持って、ある者は逃げ込んで、ドタバタと走り回る。

仕事にも家族にも見捨てられた自殺願望の男、男に捨てられた復讐で盗みを働こうとしているデパート販売員、曽祖父が作り上げたこの鈴膳デパートの看板をいまや潰しそうになっている4代目社長矢野、親の愛情を確かめるために少女と家出をしている少年、少年に後ろめたさを感じている少女、そして伝説の警備員、その部下の元鈴膳社員の新人警備員、ヤクザ者に追われて逃げ込んできた警察官、実は矢野の足元を掬おうとしている同期の男。

てんやわんやの喜劇かと思いきや、そうだよ、真保氏だったよ、と思い出す。
なんとなく喜劇っぽいんだけど、やはりミステリ作家だからね、その辺は中途半端な気がした。

たくさんの登場人物がいて、結局一番印象に残ったのは伝説の警備員半田良作とその生い立ち。
あと少年と少女、実は少年は少女の素性に気づいていたってこと。

この先の鈴膳デパートの行く末も、自殺願望の男の娘も、愛人だった女と警備員の恋も、ドタドタとてんこ盛りにしすぎちゃって、消化不良な感じ。



posted by じゃじゃまま at 22:28| ☔| Comment(4) | TrackBack(2) | 真保裕一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

アマルフィ 真保裕一著。

≪★★★≫
う〜ん。終盤39辺りで★三つになったかな。
それまでは★二つっていうか・・・。
映画のための小説って思ってたせいか、フジのため、織田裕二のためって感じで、どのシーンも織田裕二が奔走し、イタリアの風景がちらつくたびに、制作費かかったんだろうな〜と憂い、いちいち斜に構えてしまった。
(映画は見てないけどね)

日本人観光客の9歳の娘が誘拐された。邦人保護の職に就く外交官黒田と誘拐された少女の母親との、犯人追跡の旅が始まる。

っつうか、格好よすぎ黒田。頭も切れるし、でもイメージは織田裕二じゃないんだけどね〜。
私たちの知らないところで、大使館や政治家の外遊の税金の無駄遣いがこれでもか、ってくらいにあるんだろうな〜と、ストーリーと並行して頭に浮かんでしまった。
話戻して、う〜ん、うまく出来すぎちゃってて、あれよあれよという間に黒田が犯人の狙いに気付いちゃったのが、残念。

ま、そうじゃなきゃいけないんだけど、ほとんどが織田裕二のためで、軽い感じで、終盤のラスト数ページに真保氏らしさが戻ってきたような。
できれば終盤の空気で、全編行って欲しかった。
黒田の女版で天海祐希が外交官でもよかったよね。

posted by じゃじゃまま at 21:48| ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | 真保裕一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

覇王の番人 真保裕一著。

≪★★★★≫
いや〜、読み応えあった。
天下を取りつつあった織田信長の下に仕えていながら、主君織田信長を裏切った明智光秀とは。そして、可能性を秘めたもう一つの明智光秀の物語。
明智光秀は、これ以上戦で血を流さなくてもいいように平和を願い、そのための信長の天下のため、それを成しえる信長(覇王)を信じ支え(番人)続けてきた。
信じた覇王が、鬼と知れたとき・・・。

己の信じた道に疑念が生じ始める瞬間がひしひしと伝わってきて、史実を知ってるだけに恐怖におののきながらも、明智光秀を思い、勝利を願ってしまった。
明智光秀は裏切り者なんかじゃない。光秀こそ裏切られたんだ。

私たちが教わる歴史は、もしかしたらまったく違う歴史なのかもしれない。真保氏も言っている「歴史は勝者によって描かれていく」と。
真保氏は、明智光秀という武将が捻じ曲げられ伝えられている、と確信している。

それにしても戦国時代。男とは、人間とは己の権利欲のために、ここまで戦いを続けられるものなのか。
そして、朝廷と将軍だかなんだかの権力の綱引きも、互いにすごい執念。


posted by じゃじゃまま at 17:34| ☔| Comment(2) | TrackBack(2) | 真保裕一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

追伸 真保裕一著。

出だしは、期待外れの多かったここ最近の真保作品の中では、おや?と昔の緻密さを思わず思い出させるような、丁寧な書き出しに思えた。
私が評価している「ストロボ」のようなものでもいいかな〜、なんてちょっと嬉しくなったり。
離婚しようとしている一組の夫婦の、日本〜ギリシャ間の手紙のやり取り。一体なぜそんな頑なに妻は離婚を願うのか。かつて一人の女性から奪ってまでも手にした結婚なのに。
夫の方は、赴任先のギリシャで妻からの要求にどう答えていいか分からず、戸惑いと疑問を手紙で繰り返す。

次第に手紙には、妻の祖母の過去について触れられる。祖母の秘密、それがどのように現在の妻の心理に影響を及ぼしているのか、次第に明らかになる。
この辺が少々ミステリなのかもしれない。

夫と妻の夫婦間の問題から、徐々に祖母の過去へと遡り、それが一体どう繋がっていくのか。
手紙のやり取りのみだけど、一旦は破局へ向かう内容から、ほんの少し矛先が変わり、受容へと変化していくところが、いつの間にかって感じでそこはうまい。

ただ文中で、妻が祖母と祖父の過去の書簡を見つけたくだりで、一同涙が止まらなかった、と書いてあったから、涙の準備は万端。
そのわりに、私はあまり泣けなかった。

ネタバレになります。

祖母と祖父の愛には、なるほど、泣けるのかもしれない。
だけど、厳しい言い方だけど、祖母も孫である奈美子も男にだらしないだけって気がするんだけど。
奈美子に至っては、なんというか、別に好意を持ってくれてる男性に心うきうきすることぐらい誰だってあるし、そのことと祖母の血筋とを強引に結びつけて一人になりたがってる我が儘な女にしか思えなかった。

祖母の過去も、それは女として悲劇かもしれない。でも、結婚後の悲劇は、結局は身から出た錆なんじゃないかな。それなのに妻を愛し続けたであろう祖父のその献身ぶりに、わりの合わないものを感じてしまう。
そこまで祖母の過去、血筋にこだわる奈美子ならば、二人の未来が祖母たちとここまでもまた重なって欲しい。
posted by じゃじゃまま at 23:21| Comment(8) | TrackBack(5) | 真保裕一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

最愛 真保裕一著。

≪★★★≫

久しぶりに真保氏の、なかなか深みのある作品を読んだ気がした。サスペンスなのに人間ドラマだった東野氏の「使命と魂のリミット」、人間ドラマのようでサスペンスの「最愛」。
比べるのは卑怯な気もするけど、「最愛」に軍配が上がるでしょうね。

最後まで全然予測がつかなくて、知りたいという欲求の強さはどっちも同じだったけど、深かった。
音信不通だった姉と再会したのは、病院で脳死寸前の姿。
暴力団が絡んでいる金融会社で火災に巻き込まれ、なぜか頭に銃弾を受けている。
そして巻き込まれる前日、結婚していた。

どうした?なにがあった!?
幼くして両親を失い、姉弟がそれぞれ親せきに引き取られ、そこが明暗を分けた。
弟を守り抜く強い姉の面と、居場所がないがゆえに荒れる姉。その弱さのイメージが繋がらなくて、違和感は感じたかな。
謎を解くために、弟が姉の近況を調べまわるけど、なぜかいらついた。
「僕」の視点で書かれてるので、「僕」がどんどん種明かししなくちゃいけない設定なんだけど、結構強引な説明で、思い込みでそんな風に解釈していいの?と思ってしまった。
オダギリ刑事も、え〜、本当にそれが理由なの?もっとなにかあるのかと思ったよ。たくさんエピソードが出てくるわりに、弟と姉の話以外はさして重要でないのは、「使命〜」の西園と夕紀と一緒。

ただ読み終えた後、ふ〜っとため息が出た。
posted by じゃじゃまま at 09:10| Comment(8) | TrackBack(5) | 真保裕一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

栄光なき凱旋 真保裕一著。

すごい量感。お店に入って、並のランチ頼んだつもりが、デカ盛専門のお店だった、っていう感じ??
もうこれ以上はお腹いっぱい、食べきれませんっていうくらいの内容。

それはさておき、この物語は、アメリカに住む日系人から見た第二次世界大戦で、アメリカの視点によって日本が書かれるのかな?と思っていた。
でもやはり日本の作家がアメリカの視点に立てるのかな?と感じる部分もあったけど、読み終えてみて、そう、これは単純にどっちから見た戦争という話ではなく、日本人の血を確かに持つアメリカに住むアメリカ人の物語。

あのパールハーバー攻撃以来どのような扱いを受けていたのか。
日本人からは「裏切り者。同じ顔しているのに」と言われ、祖国アメリカからは「ジャップ」と憎まれ、彼らは自分たちの居場所や存在を認めてもらうために血にまみれて戦った。
祖国アメリカのために、親の故郷である日本から来た兵士たちを殺し、仲間であると信じた白人兵士を助けるために、彼らは戦った。

とまあ、そんな物語だけど、ただの歴史小説ではない。
リトルトーキョーに住む、母に捨てられ一人で生きているジローと、恋人のケイト。そして、ジローの幼なじみでもありケイトの婚約者でもある前途有望なヘンリー。そしてハワイに住む、白人の恋人を持つマット。
ジローの母のスキャンダルを嗅ぎまわりジローによって殺されるポール。
パールハーバー攻撃によって、彼らの運命は悲劇へと向かう。ポールの事件は小さな悲劇の始まりにすぎなかった。
でもその小さな悲劇が、すべてを繋がらせる。

これだけでも真保氏なら充分に書けたストーリーが、戦争を背景に、そして彼らがどのように変わっていったのかを描くために、戦場のシーンは不可欠で、それらを軸に入れることにより、さらなるボリュームを持たせ、かなりの力作になった。

読んでいるうちに、自分でも分からなくなってきた。最初に真珠湾に攻撃を仕掛けた日本を憎むべきなのか?日系人部隊を捨て駒にしたアメリカが憎いのか。今まで自分でも想像したことのなかった視点で、この時期、戦争を考えさせられる作品に出会えた。

ジロー、ヘンリー、マットの生きた道筋は、日系人として生まれ、戦争を経験した彼らにふさわしい、切ないものだったけど。

栄光なき凱旋 上栄光なき凱旋 上
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 栄光なき凱旋 上
[著者] 真保 裕一
[種類] 単行本
[発売日] 2006-04-17
[出版社] 小学館

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by じゃじゃまま at 15:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 真保裕一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

灰色の北壁 真保裕一著。

私は山もの好きだな〜。映画でも「彼方へ」や「クリフハンガー」「バーティカル・リミット」大好きだし、できれば映像で見たいよね。

山男の短編3話。山って命を預けあうから、絶対に相手との信頼がなければいけないんだ〜、25年前の話が現在とリンクしてて、結局は最初から最後ま矢上の話だったのね。ややこしくて読み終わった後2回ほど確認しちゃった。

表題作は、頂上に本当に立ったのか。誰が嘘をついているのか。もしかしたら嘘ではない?そのことを確かめるためにした刈谷夫妻の行動は、凄すぎる。だってそのために失った(かもしれない)信頼、悔しくないのかな。
悔しくないんだろうな、そんなことよりも真実を知りたかったんだろうな。
山に懸ける情熱ってすごいな〜、どのルートを開拓しただの、そして頂に立ったときの思いって、征服したって重いかな、山とそして、自分自身の精神を。

個人的には「雪の慰霊碑」が一番好きです。息子へ告げることがある。そのために息子の命日目指して山に行く父。
これはなかなかひねりがあるというか、そういうことだったのね〜と驚いた。途中でも全然気付かなかった。
最後の方で、従兄弟が「ライバルは死んだ奴じゃなくて身近にいた」で、ようやく分かった鈍感ぶり。

でも明るい未来がありそうで、とても好きだな。

【Amazon.co.jp】
灰色の北壁
posted by じゃじゃまま at 21:07| Comment(2) | TrackBack(1) | 真保裕一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

真夜中の神話 真保裕一著。

≪★★≫

久しぶりに真保作品読みました〜。
でも今までと違って、なんか現実味が薄いっていうか・・・。いや、入念に取材されてる真保氏のことなので、もしかしたら本当にあるのかもしれないですよね、迷信というか神話によって守られてる村、そして奇跡の歌声。

私はカトリックやキリスト、プロテスタント??等々さっぱり分かりませんが、中には奇跡を起こす歌声、少女を悪魔とみなし、神を守るために暗躍する組織あるのかもしれないし、それを調査するバチカンの組織もあるかもしれないし。
ミステリといえばミステリなんだけど、今作は少女の奇跡に触れてしまった人がその後何者かによって殺害される、という事件そのものよりも、主人公である女性が、家族を顧みなかったことで夫と子供を事故で失い、いつまでもウジウジしてるんだけど、この女性に対して嫌悪感いっぱいで、そのせいか作品にのめりこめなかったかも。

posted by じゃじゃまま at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 真保裕一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。