2014年08月21日

刑事の骨 永瀬隼介著。

《★★★☆》

連続幼児殺人事件の捜査本部で、捜査を仕切る若き管理官、不破。
情報漏洩に頭を悩ませながらも、このままノンキャリのエースとして昇るところまで昇りつめようとしていた矢先、かかってきた一本の電話。
それは、連続幼児殺人事件の犯人しか知りえない秘密の暴露を持つ電話。
大勢の捜査員が見つめる中、不破は犯人との交渉に失敗し、同期の警察官に「ぶち殺せ!」と指示を出し、真犯人を追いつめるも取り逃がすという失態で、二度と浮上することができなかった不破。

射撃の腕を持ちながらも、度胸に恵まれず、追い詰めた真犯人を取り逃がした上、同期である不破の刑事人生を終わりにさせた田村。
その後、連続幼児殺人事件の犯人は四人目の犠牲者を出したまま逃げ切り、時効が成立してしまった。

退官後も不満を抱えたままの人生を歩むことになった不破の元に、田村ことホイチが訪ねてきた。

本当は、取り逃がしたままの真犯人を捕まえたい、いや、見つけた、と言いに来たのかもしれない。
素直になれない不破は冷たくあしらったまま、なにも言いだせないホイチを送り出す。
翌日、ホイチの死体が発見された。自殺だという。

自殺に納得できない不破は、ホイチの部屋で幼児連続殺人事件の捜査ノートを見つける。

そこには当時ホイチが真犯人に遭遇する前に、犯人を見ていた高校生の名前や、被害者遺族のことが書いてあった。
一人一人に当たる不破。そして、一人の名前を発見する。栃尾眞一。
栃尾は警察OBで、過去に自分も幼子を殺害され、妻が自殺するという壮絶な過去を持っている男だった。
栃尾の協力も得て、ホイチの捜査を引き継ごうとした不破。

そこに、当時の目撃者であった高校生、犯人確保に成功していたら出ることのなかった四人目の犠牲者の両親、元片腕であった部下の刑事も絡んで、事件は思わぬ方向に進んでいく。

どうなるんだろう?誰が犯人なんだろう?って止まらなかった。でも、あれまあれま、連続幼児殺人事件に犯人が二人いたとは、四人目の犠牲者の母親千恵の執念といい、元夫の下嶋譲の異常さといい、栃尾の正体、盛りだくさん。

警察の隠ぺいは、必ず出るね。
でも、最後の最後で刑事を見せた不破の行動は、考えたね。
小説はその後は書いてないけど、不破が模倣犯であった犯人を殺害し、出頭したら、取り調べで過去のいろんなことが出てきて、これもまた警察は隠ぺいするんだろうか?

これぞ、ハードボイルド。




posted by じゃじゃまま at 10:04| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

裏閻魔 中村ふみ著。

《★★☆》

幕末、瀕死の周を救ったのは一人の彫り師だった。その男から鬼込めをされた周は、不死の運命を背負う。
男の弟子となり、周の名を捨て宝生閻魔と名乗り、師匠より、破門となったもう一人の兄弟子を探しその命を奪うように託される。
その兄弟子こそ、かつて閻魔の姉を殺した男かもしれない。

不老不死のため、同じところに住み続けられず、場所を変え生き続ける閻魔。
東京で、閻魔を見て「一之瀬周さまのお知り合いですか?」と、閻魔がかつて捨てざるを得なかった名前を口にする少女と出会う。
その少女は、閻魔の旧友岡崎の娘、そして閻魔の運命の人であった。

そして、その少女、奈津をもっと前に欲していた男がいた。その男こそが、閻魔の探し続けていた兄弟子、宝生夜叉。閻魔の姉を殺し、母を失ったばかりの幼子だった奈津をいつか自分のものに、と狙い続けている男だった。

奈津を軸に、閻魔と夜叉が出会い、時代を超えながら宿命の二人が向かい合う。

第二弾、第三弾まであるので、ここでは決着は着かなかった。
私の大好きな【トワイライト】みたいではないか!!

だけど、閻魔は甘いね〜〜〜。とっとと夜叉留め刺しちゃえばよかったのに。結構夜叉はえげつない手をつかったしね。

でも、続きをちらっと見てみると、夜叉も今後変わってくるのかな、善玉の方に。よくある展開だけどね。
気になるけど、急いで読まなくてもいい感じかな。

posted by じゃじゃまま at 17:31| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

大盗賊石川五右衛門(1)五右衛門党現る 長尾剛著。

≪★★☆≫
最後の星はおまけです。物足りなさは児童書のため、その分おまけ。
これは息子の本棚から拝借。
真保裕一氏の「覇王の番人」で≪忍び≫に興味を持ち、ついでに豊臣秀吉ってなんて奴!と記憶に新しいまま、石川五右衛門をパラパラめくってたら、その豊臣秀吉の名前を見つけ、息子から奪い取るように借りて読みました。

石川五右衛門っていったら釜茹でと、ルパンの仲間五右衛門の先祖ってなぐらいしか興味がなかったけど、あの「覇王の番人」で明智光秀を追いつめた豊臣秀吉の時代に、石川五右衛門もいたんだな〜とムクムクと好奇心が。
五右衛門が活躍してる時代に、あの明智光秀も生きてたのかな、なんて思ったら、歴史を近く感じてしまった。この日本に、生まれる数百年も前に彼らはいたんだよね。

とまあ、この「大盗賊石川五右衛門」は児童書なので、サクサクとっても簡単に読めたし、大人からすると物足りないくらい。
戦国時代、戦で父親を亡くし、その父親に抱き、守られて生き延びたコウが五右衛門に助けられ、仲間になる。
仲間たちの紹介をコウの目線から見た、1巻はそんな話。

実際には、石川五右衛門のことはよく分かってないらしい。とりあえず全3巻読みたいと思います。

posted by じゃじゃまま at 11:42| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

ダブル 永井するみ著。

≪★★☆≫
永井さん、初読みです。
3章からなる物語で、第1章ではちょっと潔癖症で、なにやら異常さを感じさせる妊婦と、小さなコラムしか任されなくて大仕事をしたいと願っている駆け出しのライター。
この二人を結びつけるきっかけとなる交通事故死、駅の階段の転落死が書かれてる。

第2章で、多恵が二つの事故死を乃々香と結びつけ近づいていく。
でも多恵が乃々香を怪しいと思ったきっかけがちょっと薄くて、こちらとしてはよくぞ気が付いてくれた!と嬉しい反面、でも多恵の勘には少々の強引さがあるような気もしないでもない。

第3章で真相が分かるんだけど、この母子だいぶ異常だよね。多恵の無用心さというか甘さにイラっときたり。あの母親が凶行に及ぼうとしてるところは、あ〜〜〜〜!!とハラハラ。
結局警察は真犯人にたどり着けたのかまでは明らかになってないけど、ラストの警察訪問が母親にとって青天の霹靂であることを願いたい。


posted by じゃじゃまま at 20:59| Comment(4) | TrackBack(2) | その他 な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

リレキショ 中村航著。

レキショに自分の人生を書き込んで、ガソリンスタンドで働く、拾われた弟、半沢良。夜中のスタンドで働く良のことを、受験勉強の合間に覗いてる少女がいる。その少女に向けて準備体操したりして、青春始まりそうな雰囲気。
なんでも拾うクセのある姉と、その友人山崎とのアパートでの会話。
ちょっと謎があるよね〜。

スタンドで働く青年の青春の1ページかと思いきや、ある日どこかで拾われたこの弟は、一体誰?
どうやらなにかあって、家族や友人の前から姿を消して、どこかで姉に拾われ弟になる。
なにがあった?受験戦争で疲れたのか?いじめか?

なんともいえない読後感。なにを感じていいのか分からなくて、家族は心配していないのか??それが気になってしまった。

posted by じゃじゃまま at 17:20| Comment(5) | TrackBack(1) | その他 な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

100回泣くこと 中村航著。

≪★★★≫
「世界の中心で、愛を叫ぶ」や「いま、会いにゆきます」みたい。
男性が書く一途に一人の女性を愛する物語って、なんでこう柔らかいんだろう。なんか似たものがある。

病気に冒され死にそうな愛犬ブック。ブックに会うために、4年間乗ることのなかったバイクにまたがる藤井君。
ブックに会うためにバイク直そうよ、そう彼女が言ったから。だからバイクは生き返った。
そしてブックもまた・・・。

でもこの物語は、ブックが主役ではなく、藤井君と佳美の物語。
素敵な彼女だった。結婚の練習をしよう、藤井君も洒落てた。バイク直しながら「・・・結婚しようか」。6月11日が記念日。6月は僕が覚えてるから、11日は彼女。
結婚には練習が必要だと思うの。1週間結婚してみて、うまくいったら一年結婚してみる。そんな提案ができる彼女はなんだかキラキラしてそう。
そしてアパートにやって来た彼女が「嫁に来たよ」。
二人の時間の中で、私が好きなシーン。

いつまでも続けばいいと思ってた。いつまでも二人の時間見ていたかった。

やっぱり男性作家が書く一途な思いの物語は、最後そうじゃないと駄目なの?やっぱり永遠に続いちゃ駄目なの?
そのくせ、ブックが死んだことの方に泣いてしまった。

やっぱり柔らかい。男性作家の一途な物語は。




posted by じゃじゃまま at 22:07| Comment(8) | TrackBack(5) | その他 な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

時の旅人 長野まゆみ著。

え〜〜〜〜。さっぱり分からなかった。理解できなかった。
時間の境界線があるのも分かったし、どうやら大正時代とか昭和だったり、とにかく今じゃないのだけは分かったけど、シロウヅとかなんだよ、それ??

長野氏のファンには、ワールド理解できるのかもしれないけど、私はさっぱり、お手上げ。

たぶん、これから彼女の作品には手を出さないかもね。そういえば前もなにか読んで「ああ、駄目だ」って思っていたはずなのに・・・懲りない私。

【Amazon.co.jp】
時の旅人
posted by じゃじゃまま at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。