2015年06月16日

神様の裏の顔 藤崎翔著。

《★★★》

神様のような清廉潔白な教師、坪井誠造が逝去した。その通夜は悲しみに包まれ、誰もが涙した―と思いきや、年齢も職業も多様な参列者たちが彼を思い返すうち、とんでもない犯罪者であった疑惑が持ち上がり…。聖職者か、それとも稀代の犯罪者か―驚愕のラストを誰かと共有したくなる、読後感強烈ミステリ!!第34回横溝正史ミステリ大賞受賞作。 (「BOOK」データベースより)

通夜に参列する一人一人が、坪井誠造を思い返していく。
そこで思い返されるそれぞれのエピソードのかけらを拾い集めつなぎ合わせていくと、とんでもない事実が浮上する。
元教え子の自殺、同僚教師の息子の事故、隣人の徘徊老人の転落死、ストーカー行為、疑惑を確信に変えさせるような証拠や証言。
坪井を恩師と仰ぎ、心から尊敬していた元生徒が、一度疑い出したら、恩師を犯人に仕立て上げようとする豹変ぶりに嫌悪を抱きながらも面白かった。
疑惑が浮上した途端、呼び捨てだもんね。

でも、徐々に疑惑がただの偶然になってきて、私はそこで終わりでもよかったと思うんだ。
もしくは逆に、やっぱり先生は裏の顔があった、ってことでも。

娘の二重人格のせいにしてしまうのは、せっかく面白かったのに、もったいない。
なんとしても犯罪にしたかったんだろうか、だったら先生が犯人でもよかった。娘にはもう一人の人格がいて・・・っていうのは残念なオチだった。

posted by じゃじゃまま at 12:47| 神奈川 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

平成関東大震災 福井晴敏著。

≪★★≫

いつか来るとは知っていたが今日来るとは思わなかった。
長編パニック物語かと思ってたけど、シュミレーション小説だった。都庁に営業に出かけたサラリーマン西谷久太郎が、まさか今日来るとは思ってなかった大震災に遭遇し、謎の男と共に壊滅状態の東京に直面しながらも、なんとか生き抜き、家族の元へとたどり着くまでの物語。

本当に、まさに、明日は我が身的な物語。いつ、どこで災害に遭うか分からない。それなのに、今日は大丈夫。明日も大丈夫。きっとしばらく大丈夫、なんてなんの根拠もない自信で日々暮らしちゃってる自分がここにいる。

できれば普通の物語が読みたかったけど、でも読みながら、夫の会社から自宅までどれくらいで、どうやって帰途につくのか、伝言ダイヤルについての知識など、決して無駄なことはなかった。

posted by じゃじゃまま at 10:57| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

NHKスペシャル プラネットアース NHK出版

≪★★★★≫
今まで海やミクロな世界とかの映画を見てはことごとく爆睡していた私が、【アース】だけは寝ることなく、見入ってしまった。
なのでアース繋がり!?で、たまたまこの写真集を図書館で見かけ借りちゃった。

とにかく、私は、ってことなんだけど、この写真集というか本、感動もするし、夜見ると恐いの!!!!
一つ一つの写真、その風景に、命を感じるんだよね。
昼間見ると気にならないのに、夜めくると、心臓がバクバクしてきて、観られてる気がするんだよ。

この本のそれぞれの写真には、地球の命がそのまま写ってる。
以前から、人間や生き物以外にも、山にも私は命を感じたことあるんだけど、この本を見て、再度、やっぱり地球は生きてるんだな、って実感した。
すごい本です。一人で夜めくるのはかなりの勇気。(あくまでも私の感性だけですが)

posted by じゃじゃまま at 23:19| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

本棚バトンの巻

本棚バトンがhigeruさんより回ってきました。詳しくは↓参照してくださ〜い。

higeruの大活字録 合体バトンの巻

Q1 あなたの本棚にある恥ずかしい本は?

え〜〜、特に・・・恥ずかしいというか、ビッグコミックスに連載されていた 一丸・作「おかみさん」かな〜。
「おかみさん」は連載初回からずっと大好きで、全巻持ってるし、これこそ何度でも読み返して抱腹絶倒だったり、泣いたり、トイレにこもる時は絶対にこれを持っていくんですけど(笑)、ただ「おかみさん」全巻並んでるのを見られると、じゃじゃままが、え?コミック?しかも「おかみさん」??相撲部屋の話?と、大体の人がタイトル聞いただけで笑います。大好きなコミックなんですよ〜。

Q2 あなたの本棚にある自慢できる本は?

知る人ぞ知る佐々木丸美著「雪の断章」と、この壮大なスケールの姉妹編ですかね。「花嫁人形」「忘れな草」。
一時は絶版されて手に入らないと言われてて、作者自身もなぜか書くことをやめてしまった作品で、熱烈なファンもいるんですけど、隠れた、いや隠された名作です。何度も読み返してボッロボロですが、この作品が好きということが、自慢です。(笑)

Q3 あなたの本棚にある手放したいのにいつまでもある本は?

これは「ハリーポッター」。でも今本棚見たらどっかに行ってしまっていた。(笑)ハリポタは一度も読んだことがなく別にファンではないんですけど、すごいブームの時に古本屋でたまたま手に入れて、いつか読もうと思いつつ、興味湧かなくて、処分しようかな〜、いや、でもいつか読むかも?と思いつついまだに・・・。でもどこ行っちゃったんだろう?

Q4 あなたの本棚にある、あなたが頻繁に読み返す本は?

そうですね、ジェフリー・アーチャー著「ロシア皇帝の密約」や大沢在昌著「悪夢狩り」なども読み返しますけど、
コバルト文庫 昭和51年発行 佐伯千秋著「涙の川をわたれ」
       昭和54年発行 飯田 智著「小鳥飛んでみた」
       昭和57年発行 上条由紀著「恋のひとり旅」
小学生高学年からずっとコバルトにハマって、一時はすっごい持ってたんですけど、結局手元にこの三冊だけ残して、読み返すんですよ。過ぎ去った青春時代を重ねたり、思い出したり、読むと途端に自分まであの頃に戻っちゃう。で、ベタな展開なんだけど、純粋で一途で、胸キュンっす。あ〜あ、まだまだ取っておけばよかったな〜、もっとたくさんあったのに。

Q5 本棚の中を見てみたい5人にまわしてください。

はっ!書く前は忍者バトンもやっちゃえ〜と思ってたのに、すっかり忘れてました。
勝手に5人の方選ばせていただきます。ここで終わっちゃったらごめんなさい。

お誕生日と名前が同じということでかみさまの贈りもの〜読書日記のゆうさん
朝まで映画話でいつか話したいしょ〜との ほそボソッ・・・日記・・・のしょ〜とさん
勝手に女性だと思い込んでいた、絶対優しそうな、モンガの独り言 読書日記通信のモンガさん
同じママなのに、すごい読書量のナナメモのななさん
すでに回ってたらごめんなさい、だけどじゅずじの旦那のjuzjiさん

他の方々もすでに回ってたらすみません。じゃじゃままで終わっちゃってもいいです。
posted by じゃじゃまま at 17:42| Comment(7) | TrackBack(4) | その他 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

あおぞら 星野夏著。

ある少女の体験記。この本を読んで、誰かの支えになれば、と冒頭に書いてありました。

でも正直、読んでいて非常に気分が悪くなってきました。全然支えにもならない。今の女の子たちには「かなりきつくなぁい?夏ってすごいじゃん」なんて支えにするのかもしれないけど、いい大人の私からすれば・・・微妙。
もし子供が夏のような経験をしたら、親としては感じるものはあるけれど、同じ女としてこの本を読んだ時、気分悪い上に、腹が立ってきた。

文中で、レイプされる子なんて女が悪いじゃんって思ってたけど、こういう状況じゃ逃げられないよ、ってところがあったけど、ごめんね、こういうこと同じ女性の立場で言っちゃいけないんだけど、でもね、夏には隙があるんだよ。信じやすいといえばそれまでだけど、10代前半の女の子が、取る行動じゃないんだよね。

私も同じ女性だし、若い頃もあったから夏の行動は分かる部分もあるけれど、それでもね、やっぱり思慮が足りないんだよ。男も悪いけど、多分そういう匂いを持ってるんだと思うよ、同じ女性だから分かるんだ。

夏にもう少しの勇気があれば、多分違ったんだと思う。ほんの少しの勇気でよかったのに。強さともいうかな。辛い経験だとも思うけど、すぐに性に逃げるところが弱いんだよね。
しかも出てくる男がみんなカスばっか。悪いけど、自分に勇気と強さがあれば、普通そんな男寄って来ません。

最後に、こぅちゃんがいなくなって、一番辛いのは、本当に悲しいのは、ご両親だと思う。人を好きになる気持ちは分かるけど、親の悲しみの方がどんなに深いか・・・。広告につられて、読まなきゃよかった。
posted by じゃじゃまま at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

審判 深谷忠記著。

すんごい面白いのかと思った。すんごい作家なのかと思った。よく知らない作者なんだけど・・・。
結構出だしはワクワクっていうか、大作の予感がしたんだけど、確かに衝撃のラストだったんだよね、私には。
びっくりしたし、冒頭読み返して、ああ、そういう伏線だったのか、って気付いたこともあったんだけど。

でも理解できない点がいくつもあった。
話も、村上が中心なのか、幼女殺しの容疑者の柏木なのか、被害者の母親なのか、さっぱり。
村上がこの事件を追い続けるのかと思いきや、終盤では村上は出てこなくて、被害者の母親の聖子と柏木ばかり。
しかも聖子は真犯人をずっと知っていた、その真犯人を庇ったっていう当時の署長をなんとか有罪にするために、偽証までするんだけど、この辺が違和感ありあり。真犯人を知っていたのに、なんだかな〜って。
ただこれは衝撃のラストで納得できたけどね。

そうそう、一番よく分からないのが、被害者の父親(夫)が聖子に「お前があんなことしてなければ」みたいなこと言って、どうやら聖子が不倫してたらしい、みたいなのが分かるんだけど、これだけだといかにも逢引してる間に娘が殺されたみたいでしょう?でも別にそうじゃない、聖子がちょっと買い物に行ってたからなんだけど、その行動と夫の発言がかみ合わないし、夫はそもそも聖子の不倫知ってたのかも疑問。
夫はなにも知らされてなかった可能性が高いんだけど、あの発言が理解できない。

結局、柏木の冤罪、その苦悩を書きたかったのか、被害者の母親の苦悩なのか、どれもこれも中途半端な感じがして、期待感とは裏腹な結果だった。

【Amazon.co.jp】
審判
posted by じゃじゃまま at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知りたがりやの猫 林真理子著。

毒舌っぷりが中途半端なんだよね〜。どうしちゃったのかしら。

どれもこれも「え?ここでおしまい??」って。もっと女のいやらしいとこ、汚いとこ読ませて欲しかったな。
この中で気に入ってるのは「年賀状」くらいかな。

あとはどれもこれも中途半端でイマイチって感じ。


【Amazon.co.jp】
知りたがりやの猫
posted by じゃじゃまま at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

100%ピュア 比留間久夫著。

え〜、なんか微妙な世界〜〜!!

幼女連続殺人事件、なんてどっかで覚えのある事件で、出てくる登場人物なんかみんなクレージー。
飛んじゃってるイケイケ女子高生の友達、バイト先のおっさんもジャーナリズム語りながらも少女を食い物にしてる事件を楽しんでる感じだし、ヒロインも心に闇を抱えてるけど、今時の女子高生ってあんななの?

気持ちはピュアだけど言動がどうもね。おばさんには・・・。

当然犯人もすっごいクレージーなわけで、結局単独犯だったわけね。お母さんはとうに死んでいたわけね。

事件自体には興味を覚えたけど、どうも描写が気持ち悪くて、この作家さん、私とはこれっきりかな〜。

【Amazon.co.jp】
100%ピュア
posted by じゃじゃまま at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。