2014年08月26日

虚夢 薬丸岳著。

《★★★☆》

目の前で愛娘を殺され、自らも重傷を負った母親。犯人である青年藤崎は、心神喪失で罪に問われなかった。
夫婦関係は壊れ、妻はその後再婚した。
その元妻から「あの男を見た」と電話がかかってきた。

小説家であった三上は、作家を引退し、荒んだ生活をしていた。でも元妻からの電話で動き出す。
元妻は、職場でも近所でも「あの男が襲ってくる」騒ぎ、あの犯人と同じ病名を下される。

あの男を見た、のは妄想なのか。

風俗の仕事をしているゆきは、忘れたい過去がある。しつこい客、田代。ふらりとやって来た藤崎との出会い。
そう、藤崎はやっぱりいたのだ。
三上は元妻が見たという言葉を信じ、藤崎を探し出した。そこでゆきのことも見かける三上。
元妻の病状を心配してくれる高校時代の精神科医の友人、松岡。

一見関係なさそうに見えた三上、ゆき、が藤崎によって繋がり、そして松岡も繋がっていた。

ラストの衝撃の真実は、本当に衝撃だった。
そして元妻の計画。

事件が起こり、精神鑑定という言葉を聞くたびに、普通の人間は憤りを感じる。そんなことで、罪を帳消しにするなよ、と。
この小説は、答えでもない。結局、答えなどないから。
藤崎は結局またもや事件を起こした。やっぱり治ってなどなかった。それでもまた数年で社会に戻って来るのだろうか。

元妻の計画。精神異常を装って、それが他人に見破られるのか。もし計画が成功していたら、大きな波紋となり、なにかを大きく動かしたかもしれない。
でも小説は、そちらではなく、結局正当な被害者遺族の訴えで問いかけることにするらしい。(という終わり方)

その問題提起よりも、ゆきの事実の方がインパクト大だった。
薬丸氏・・・ちょっと興味出てきた。



posted by じゃじゃまま at 18:32| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

怒り 上下巻 吉田修一著。

《★★★☆》

八王子の住宅街で起きた夫婦惨殺事件。犯人、山神一也は殺害した後、六時間も現場に留まり、冷蔵庫のモノを食べたり、シャワーを浴びたりと、異常な行動をしている。そして殺害現場には「怒」の血文字。
そして一年経っても逃亡を続け、警察はテレビの公開捜査で情報を求める。

殺人事件から一年後の、房総半島の港町では、洋平が家出をした娘愛子を歌舞伎町のソープランドで働いてると連絡を受け、迎えに行く。
その港町に、真面目だけど素姓の知れない田代という男がやって来て、徐々に愛子と親しくなっていく。

大手通信会社で働くゲイの優馬は、「発展場」で知り合った直人を強引に犯し、なぜかそのまま連れ帰り、居候させる。
まったく自分のことを語らない直人。行きずりのつもりが、余命わずかの母親や兄夫婦にも会わせ、徐々に自分の生活圏内に入り込んだ直人。

男にだらしのない母親のせいで、何度も転校を繰り返す泉。同級生の父親とそういう仲になり、夜逃げ同然で沖縄に引っ越すことになった。
島では友人もできた泉だが、同級生の辰哉に連れて行ってもらった無人島で、そこでこっそり暮らす田中と出会う。

それぞれの場所で存在する、三人の謎めいた男。
房総半島、東京、沖縄の人々が、繋がることはない。それぞれの場所で存在する、得体の知れない三人の中に、逃亡犯がいるかもしれない。それぞれの人間模様の中で、一体誰が正体を現すのか。
田代も、直人も、逃亡犯と同じ顔に三つのほくろがあって、左利き。

みんな怪しくて、ドキドキが止まらない。一体誰なんだ?逃亡犯は??

身近にいる者が、素姓の知れない隣人を疑い始め、洋平が、優馬が、それを口にした途端、田代も、直人も姿を消す。

辰哉と沖縄本島に遊びに来た帰り、米兵に襲われる泉。絶対に口外しないで、という泉との約束を守る辰哉。
田中が暮らす無人島の小屋で、「怒」の文字を発見する泉。その文字を見た瞬間、なにかを感じた泉。
ここからは、もう田中の正体がどんどん分かって来て、怖かった。
こいつか!!!と思いながらも、一体いつ泉や辰哉が気付くんだろう?そして、公開捜査の甲斐もあって、山神が潜伏していた建設会社から通報があり、指紋が一致する。

突然キレるという元同僚の証言。そして、新たな情報が寄せられ、その証言で、作り話をしているようで、実は八王子の事件を語っていることを察した捜査員は、その男こそが山神であると確信し、沖縄に急行する。
捜査員の手が山神に届くのが先か、泉たちが気付くのが先か。

田中が暮らす小屋で、「怒」の文字を発見した泉。そして、その小屋の裏に泉がレイプされていることを嘲笑った落書きを見てしまった辰哉。
二人は、それぞれが、逃亡犯とは気付かずに、田中の本性を見抜いた。

そして辰哉の復讐と、捜査員、どちらの手が先に届くか。

この小説は、なぜ山神が犯行に及んだのか、その内面まではえぐりださない。
ただ、今まで普通に接していた隣人が、もしや逃亡犯では?と疑い始めていく変化がうまい。
しかも、三人三様に、怪しいし。

山神ではなかった直人と田代だけど、それぞれに事情があって、関わった人々もみんな影響されていく。
面白かった。





posted by じゃじゃまま at 17:09| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

だいこん 山本一力著。

≪★★★≫

通い大工の安治とみのぶの間に生まれたつばきは、安治が賭場で背負った借金のために、家族が貧乏生活している間も、父母や妹二人を支えてきた。
幼いつばきだが、飯炊きの才能に恵まれ、江戸の大半を焼き尽くした火事により、その才能を見出されることになった。

炊き出しに行った先で、米の研ぎ方、炊き方を教わったつばきは、9歳にして、持って生まれたものが花開いたのだ。
つばきの炊く飯は、どんなものよりもうまい。料理の才能だけでなく商才も持ち合わせていたつばき。
家族や周囲との縁によって、一膳飯屋「だいこん」を繁盛させ、自分の人生を切り開いていくつばきの半生を描いた時代小説。

江戸時代、一膳飯屋ってだけで、気に入った。
宮部氏もそうだけど、江戸時代の活気が満ち溢れてて、いいよね。
なにか事件でも起こるのかと思ったけど、本当に、時代小説だな〜と勝手に納得してしまった。山本一力氏は初読みです。

つばきに縁した人々。特に父安治の存在は大きい。つばきに貧乏暮らしがどれほど苦しいかを教えた伸助。つばきに飯炊きの一切を任せた徳三。つばきに店を貸した伊勢谷安次郎。つばきの一膳飯屋を守り立てた、飴細工の元締めに、桃太郎の車を作り上げた職人、その他面々。
おせきに、おそめに、日本橋の四人衆。

つばきが初めて幼い恋をした潮吉。生き方の違いから縁のなかった芳田屋の息子、浩太郎。
そして、つばきが初めて共に生きたいと願った棒手振の辰治。
つばきの半生をじっくりと読ませていただきました。

伸助がもらした、「浩太郎のその後は知ってるのか」の問いが、気になった。その後、なにかあったのか?はっきり書いてよ〜〜。
辰治とはどうなったのか?
できれば、そういうところも読みたいんですけどね、山本さん。



posted by じゃじゃまま at 22:32| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | その他 や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

悪人 吉田修一著。

≪★★★★≫
お初の作家さんです。
保険外交員の石橋佳乃が、携帯サイトで知り合った土木作業員清水祐一に殺害された。
佳乃の父、佳乃が一方的に想いを寄せる大学生増尾圭吾、佳乃の同僚、祐一の生い立ち、祖母、叔父の話などが散りばめられ、最初は戸惑ったけど、すぐに物語りに引き込まれた。

なぜ佳乃は殺害されなければならなかったのか。
なぜ増尾は行方不明なのか。
前半は、もしかしたら祐一の犯行じゃないんじゃない?
それとも祐一は他にも罪を犯してるの?って妄想が膨らんだ。

祐一が犯行後携帯サイトで知り合った、馬込光代。
本気で出会いを求めていた二人。もしも光代ともっと早くに知り合っていたら。祐一の人生は不運の連続のようであり、それでも一度でも本当の出会いが出来たことだけが、私は嬉しかった。

祐一だけが悪人なのか?
佳乃を置き去りにした増尾は?
祐一の気持ちを踏みにじった佳乃は?

祐一の一途さが悲しすぎる。

「どっちも被害者にはなれないから」・・・祐一の本心に気付いて欲しい。
深い物語に出会った。







posted by じゃじゃまま at 22:01| ☁| Comment(7) | TrackBack(3) | その他 や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

眠れるラプンツェル 山本文緒著。

う〜ん、私はどうして山本氏を好きなんだろう?果たして好きなのかどうかもよくわかんない。でもこうしてカテゴリもあって数作読んでるんだから気に入ってたんだろうな。
なんとも苦しくなる物語だった。

すっごい美人の元モデル。夫はCM制作会社をやってるらしくしかも才能もあり、モテる感じ。滅多に家に帰ってこなくて汐美はいつも一人ぼっち。
隣人の息子と仲良くなって、恋しちゃう。お酒が入ると無性に男と寝たくなって、隣人の息子の義父と寝てしまった。
奇妙な3人の生活。夫が持ち帰った猫、そこから崩壊が始まる。

なんか寂しいんだよね、汐美ちゃん。
少年の義父から「汐美ちゃんは本当は夫のことが好きで、寂しいから、夫にしてあげられないことを自分たちにしてるんじゃないか」と言われ、ああ、なるほど、と私は思ったんだけど、汐美ちゃんの本心はどうだったんだろう?
どうして汐美ちゃんが壊れていっちゃったのか、やっぱり夫を愛していたゆえに寂しかったのか、ルフィオと名付けた少年を本当に愛してしまったのか、分からなくて悲しい。

本当に一人ぼっちになってしまった汐美。きっとすべてから解き放たれて幸せになれるのだろうけど、それは数年先のお話。別物語で汐美の再生ストーリーも見てみたい。
でも今のラストはなんか救いがなくて、悲しい。春に読んでよかった。これ冬に読んでたらどど〜〜んと落ち込んでたかも。

posted by じゃじゃまま at 10:32| Comment(9) | TrackBack(0) | その他 や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

嫌われ松子の一生 山田宗樹著。

映画もドラマも見てないけど、読んでる最中いろんな松子が中谷美紀ちゃんだった。
松子の一生をざ〜〜っと振り返ってみると、不幸じゃん。最後は殺されちゃうんだし。それなりの家に育ち、才媛で、本当なら良妻賢母の人生を歩んだであろう松子。
人生の歯車って本当に一瞬で変わり動き出すから怖い。ほんの一つの選択を間違えただけで、その後の選択がまるで占いのチャート式のようにどんどん横に横にずれちゃって、もう後戻りできないところまで進んじゃう。

でも決して松子だけの話でもなく、他人事でもないかもしれない。この先自分にもその時はよかれと思った選択が、実は最初の躓きで、その後どんどんどんどん・・・転がり落ちるかもしれない。

松子は、最初躓いたかもしれない。でもその中で、自分にとって幸せと思える道を選んできたはず。他人から見るとそれは決して最良の道ではないように見えるけど、その時の松子にはそれが自分の信じる一つの道。

教師からレイプ未遂、窃盗の濡れ衣、教師失格の烙印、ソープ嬢、殺人犯、そして被害者。他人事と思ってる自分たちも、紙一重のところにいるのかもしれない、と思わせる恐怖。
松子を殺した犯人たちの存在も、まあー、最後まで読んだ者の心にじっとりとしたものを残してくれてありがとよ、山田さん!
しばらく他の本読む気起きない。

松子ぉ〜〜〜〜〜〜〜っ!!(涙)


posted by じゃじゃまま at 10:04| Comment(9) | TrackBack(6) | その他 や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

天使のナイフ 薬丸岳著。

≪★★☆≫
犯罪被害者の遺族が、数年後、妻を殺した少年たち殺しの疑いをかけられる。殺してやりたいほど憎んでいる少年たち。未成年というだけで、罪を犯しながらも守られ、その後反省することなく生き続ける加害者。
被害者の気持ちは?少年法の意義とは?
なぜ、今、誰が、妻を殺した加害者たちを殺めているのか。

この物語は、結局、出てくる人物ほとんどが、被害者であり、加害者ばかり。
殺されてしまった妻の過去。妻の幼少時代に起きた一つの事件。それが発端。
なろほどね!と思うけど、作中で起こる事件に関心がいってしまって、被害者の本当の叫びが、正直あまり伝わってこなかった。
それは身近に経験していないと、どうしたって外っ面だけのどこかの記事で読みました、なんとなく想像してみました的なものしか伝わってこなかったな。

読んでいて、もっともっと胸が苦しくなるかと思ってたんだけど、事件をそのまま目で追うだけで、突き刺さるものはなかった。
ただ、妻の幼少時代の事件、こんな小さなところに、あったのね、と作りには感心しました。

天使のナイフ天使のナイフ
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 天使のナイフ
[著者] 薬丸 岳
[種類] 単行本
[発売日] 2005-08
[出版社] 講談社

>>Seesaa ショッピングで買う


posted by じゃじゃまま at 22:54| Comment(4) | TrackBack(5) | その他 や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

群青の夜の羽毛布 山本文緒著。

あれ?山本氏ってこういうの書くんだっけ?
これ、単行本で読んだらそれなりに迫力あったかもしれないけど、文庫って、なんとなく内容がお手軽になっちゃうんだよね、って私だけ?

独裁的で、すべて意のままに操ろうとする異常な母親。そして、恐怖で逆らえない長女、反抗的な次女。
長女・さとるのその不思議さに惹かれていく鉄男、母親への反抗心から姉までを嫌悪し意地の悪さが見え隠れする次女・みつる。

なんだかな〜、この家族は・・・。文中に登場する謎のカウンセラー部分。これは一体誰の告白?勘繰りながら見てると、見えない部分のそれぞれの顔でもあるのかな?
でも結構この手の話って、それほど新鮮じゃないかも。その思いは、多分どんでん返しを狙った、父親の存在でますます、決定的になった。

その辺のくだりはとんかつ食べた後の焼肉くらいしつこかったんだけど、ラストでさとるがやっと家族を憎む心を自覚したこと、そして意地が悪くて嫌な妹に見えてたけど、実は一番健全でまっとうだったのはみつるだったことが分かっただけで、ようやく最後に杏仁豆腐を食べた感じでさっぱりした。
posted by じゃじゃまま at 22:10| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

上品な人、下品な人 山崎武也著。

品のある人間になりたいと常々思ってるんだけど、こればかりは一朝一夕で身につくものではないんだよね。
しかも生まれ育った環境も非常に大事で、持っている雰囲気がかなり重要。

私はどう見ても上品ではない。どう取り繕っても滲み出るオーラが、決して上品ではない。どこから見ても庶民だし。庶民だから下品ってこともないんだけど、雰囲気がね〜。
ならば、すぐには無理だけど、行動だけでも下品にならないように気をつけよう。

私が常々下品だなって思うのは、思っていることがすぐに顔に出る人。
嫌いだな、馬鹿だな、くだらない、と思っているのが手に取るように分かってしまうのは、非常に下品だし、頭のよくない行為だと思う。
私の身近に、彼女は育ちがいい、という言葉がぴったりの女性がいる。その場の空気をさっと読み、決して表情に出さない。
もちろん、言葉遣いもいいし、大声を出さない、人を見下さない。(しても顔に出ないから分からない)

ああなりたいと思う。

これも身近にいる女性で、すぐに噂話をする、そこに本人がいても我慢できずに少し離れるとすぐに言い出すから、空気で本人にも気付かれる。
大声で男性とはしゃぐ(40代後半の女性なのに)。
20歳過ぎの息子がいるのに言葉遣いは「うるせぇ」「ばっかじゃねぇの」「なに気取ってんだよ」思い切り不満を顔に出す。これが40代の女性ですか!?って思ってしまう。

なぜか人間って、下品な人はすぐに見つけるけど、お手本となる上品な人とはなかなか出会えない。類は友を呼ぶとは思いたくないけど、少しでも自分も向上するためにも、お手本となる人のそばにいたいと思う。
posted by じゃじゃまま at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

パイナップルの彼方 山本文緒著。

好きだな〜〜。
でもドキドキしたよ、自分ではうまく立ち回ってるつもりの深文。日比野の愚痴を聞き、サユリさんのご機嫌を取り、両方にいい顔してる深文を見ていて、すごく不安だった。

大体そんなうまくいく世界じゃないのよ、女の世界ってのは。結局ばれるし、最後は最悪の結末になるんだってば。
備品横領が日比野に見つかった辺りからいやぁ〜〜な予感ビシバシ。まさか岡崎が原因で、サユリさんが怒ってたとは思わなかったけど、円形脱毛症になるくらい大変な目に遭ったね〜、深文。

天堂さんとも終わっちゃうかな?と思ったけど、さすがそこまで作者も残酷じゃなかったか。踏んだり蹴ったりの深文だったけど、天堂さんがいたから読んでるこっちまで温かくなれたかな。

月子のような人って・・・本人の気持ち次第なのに、なかなかそれに気付けず、逃げてばかり。傷つくことが嫌なんだよね、結局。ハワイにまで行ったわりには、って深文は馬鹿にしてたけど、それだって会社を辞めて日本から飛び出すことさえ普通はなかなか出来ないもんだよね。

でも意外なラストでまさかなつみが子供を置いてハワイに居つくとはね。本当に意外だったけど、逆に、女性3人が最初とは予想もしてなかった人生を歩むことになって、妙に清々しい気分。
やっぱり常夏のハワイ、パイナップル畑のおかげかな?本当にあそこは、すべてを忘れさせてくれる楽園なんだ。


【Amazon.co.jp】
パイナップルの彼方
posted by じゃじゃまま at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブルーもしくはブルー 山本文緒著。

以前稲森いずみでドラマ化された気がするんだけど。
ドラマは見てないけど、小説は面白かった。誰だって「もしあの時あっちを選んでたら」って思ったりして、後悔を胸に抱えてたりするものだけど。

蒼子は23歳の時に板前の河見か、上司に紹介された佐々木かで悩むわけだ。かたや愛してくれる、だけど見知らぬ土地へ行くことが条件。
佐々木は見た目もスマートで素敵なサラリーマン。蒼子は佐々木を選び、数年後、佐々木には愛人がいることを知り、あの時河見を選んでいたら、なんて後悔してる日々。

あるあるある、そういうこと。ある日蒼子は河見と暮らしてるもう一人の自分を会ってしまう。蒼子って本当に嫌な女なんだ。結局自分で選びながらも文句ばかりいって、もう一人の蒼子に激しく嫉妬して、入れ替わりを提案するものの、河見が実は暴力夫って分かった途端、自分の今までの幸せに気づくんだけど、普通はもう一人の自分には出会えないから、もしもあの時〜ってことを経験できることはないんだけど、私は思うんだ。

結局どっちを選んでも、人生大差ないってこと。たとえ河見を選んでも、佐々木を選んでも、自分自身が幸せになろう!と努力さえしていれば幸せになれたはず。
文句ばかり言う人は、結局どっちを選んでも文句ばかりで不幸になる。

人生、出会う人や細かい出来事は違っても、絶対に外せない人生の要所っていうのは、なにを選んでも絶対に自分に巡って来る。私はそう思う。よく分からない人は映画「スライディング・ドア」をお勧め。

【Amazon.co.jp】
ブルーもしくはブルー
posted by じゃじゃまま at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

きっと君は泣く 山本文緒著。

≪★★≫

椿〜〜〜〜!なんて高慢ちきな女なのでしょう〜。
でも女性ならば、高慢の程度の高低はあれ、時期の長短はあれ、過ごすことあるだろうな。

めっちゃめっちゃいい女なのかと思っていたら、後半、セックスフレンドとも腐れ縁男とも言うべきグンゼの一言で疑問が芽生えた。
椿は結局、自分ではイケてると思ってるけど、いや、確かに一般的には美人なんだろうけど、自分で思ってるほどのものじゃないのかも?

タレントや女優になれないのも、せいぜいその辺のコンパニオンどまりなのも、結局身の程を知らないだけなのかも?椿程度のレベルなら掃いて捨てるほどいるんだろうな、実際。

それでもその辺のコンパニオンだって、一般的に見たら美人さんの集まりなんだけどね。でもものすごく特別ってほどじゃないってこと。

鼻がつ〜〜んと上向いて生きてきたから、椿の心は素直に正直にモノを見れなくなってるんだね。

友達も結局うわべだけだし、クリスマスだってのに気付くと誰からの誘いもないし、いざ結婚しようと思って過去の男に片っ端から電話してみれば「結婚には向かない。ただの遊び女」ってことが分かっただけだし。

そんな椿を、それでも守ってあげようと思ってくれたのが中原先生だったのに、もう!椿ったら。最後の最後でいい子ぶらないでよ!エイズにかかったグンゼのために。友情?自分との約束?グンゼのこと待ち続けるって。
どうしてこう最後の最後で!!!
でも結局椿って、同性からも嫌われ、異性からも本心で大事にされたことのないどうしようもない女だけど、本当はいい子なのかもよ。

最後の最後で打算や計算で動かないんだもん。中原先生のことだって、本当に好きだったのに。そういう馬鹿さ加減・・・本物の高慢ちきにはできないよ。
posted by じゃじゃまま at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。