2010年11月04日

スパイク 松尾由美著。

≪★★★≫

途中までは★四つでもいいか〜、だったんだけど。
友人のおばあちゃんの遺言で、犬を譲り受けた江添緑。スパイクと名付けたその犬と散歩中、下北沢の街角で青年とぶつかりそうになった緑。
偶然にも同じ犬を連れていて、偶然にも同じスパイクという名前だった。
そして、どこか懐かしさの漂う青年、林幹夫に好感を持ち、また来週会う約束をして別れた。

互いに、好感を持っていることは伝わってきたものの、約束の日まで緊張しながら待つこととなる。
ところが、約束の日、幹夫は来ない。
お茶をしたほんの短い間だけど、幹夫の人柄を信じる緑は、なぜ来ないのか信じられない気持ちで家路に着くと、なんとスパイクが喋り始めた!しかもこのスパイクは緑のスパイクではなく幹夫のスパイクだったのだ!

二人の住む世界、一緒には過ごせない悲しい事実、やっぱりSFだったのか!

なんていうか「時をかける少女」と北村薫氏の「ターン」をなぜか思い出してしまって、時空を超えた出会い、切ない恋、などなど、途中までは断然応援してたんだよね。

幹夫が巻き込まれたトラブル、あっちの世界とこっちの世界。

だけど、だんだん悲恋の色合いが濃くなってきて、真実を知りたいけど、知るのが怖い、まるで緑のように。
まあ、これから緑は浦賀さんや、手の早そうな作家さんとか、どうにかなるかもしれない、でもならないかもしれないっていう大人の空白の余地を残した終わり方は、ハッピーエンドの終わり方を好む少女向けっぽくなくて、大人のSFでよいかもね。

ちょっと首をかしげてしまったのは、二人の分岐点がお母さんの離婚っていうところ。
それならばなぜ性別が違うのか。
生まれたところから分岐点ではないと同一人物ということにはならないんじゃないかな。

だから私は、お父さんがお母さんとの結婚を続行した人生が緑。お母さんではなく浮気相手を選んだ人生が幹夫かと思ったんだけど。

かなり以前にどなたかがお薦めしていた「スパイク」。私のメモに載っていたので。
納得のいかないところもあるけど、だいたいにおいては満足の作品でした。



posted by じゃじゃまま at 16:19| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 松尾由美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

安楽椅子探偵アーチー 松尾由美著。

≪★★☆≫
小学5年の衛は、その日誕生日だった。母親から前から欲しがってたゲーム機を買うように、とお金を渡され、いざお店に向かって歩いていると・・・骨董品屋でため息をついている椅子に気付いてしまった。
なんとその椅子は喋り、シャーロック・ホームズばりの頭脳を持っていた。

以前、松尾由美氏の作品ならこれがいいってお薦めいただいて、図書館にあったので手にしてみた。
結果からいうと、私ってこういう軽いのダメみたい。
なんでか分からないけど、そういえば昔、北村薫氏も薦められて、やっぱり探偵モノを読んだんだけど、どうもイマイチその軽さが嫌なのよ、って思ったもんね。

私がひたすら知りたかったのは、アーチー(と名付けられた椅子)の昔の持ち主の消息。ただそれだけのために読んだといっても過言ではない。
それまでの様々な事件の真相なんて、そりゃ、知りたいけど、でもなにもわざわざそんな事件を無理矢理作り上げなくたって、っていうようなものばかりで、疲れちゃった。
最初の中西君の巾着ぐらいじゃない?自然だったのって。

靴の秘密なんて、頑張って事件にしましたね、って感じ?
靴を拾ってもらって、そんな怪しい風情で逃げる理由が分かんないよ。
次の外国人墓地なんて、も〜〜〜、こじつけでしょう〜。
証拠集めるために、そんな暗号と手段、手間暇かけてすることですかね〜。

読んでいて疲れてしまった。


posted by じゃじゃまま at 23:37| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 松尾由美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

人くい鬼モーリス 松尾由美著。

≪★★≫

この本、児童書に置いてあったんですけど、子ども向け?
継父の知人の紹介で、別荘地に滞在している10歳の少女の家庭教師のアルバイトを引き受けた村尾信乃。
そこで信乃は信じられないものを見る。その避暑地ではずっと昔から囁かれていた「人くい鬼」の噂。
その名をモーリス。モーリスは子どもにしか見えず、10歳の少女芽理沙と、その母、祖父も子ども時代には見えていた。

そして信乃にも見えてしまったのだ!異形なものが!
モーリスは決して人を食べるのではなく、そこにある死体の魂を好んでいるのではないか。自分の空腹を満たすために人に害を加えたりはしない。と言われてもね〜、やだよ。
そして死体は消失してしまうのだ。

避暑地の別荘で不可思議な事件が起こり始める。
連続して起こった事故死と事件。消えた死体。モーリスの仕業?
芽理沙のモーリスへの執着は、ちょっと異常。

ラストの10年後の平穏さが、なんだかあの夏の出来事を夢のように思わせる。
できれば大門君とは続いて欲しかったけど、この夢のなさが切なくて、それはそれでいい。

それにしてもモーリス、そんなのいるんかい?てっきり芽理沙の妄想で信乃も催眠術にでもかかってるのかと思ったんだけど、思い切りファンタスティックだったのね。
祖父の時代に起こったという木こりの失踪事件とか、興味深いことはあったんだけど、焦点は芽理沙の時代だったので、ま、昔の話を延々とされても退屈だったかもしれないし、いっか。

ただ、どうにもあのモーリスを、私自身が受けつけなかったせいか、何度も睡魔に襲われてしまった。


posted by じゃじゃまま at 23:19| ☁| Comment(6) | TrackBack(3) | 松尾由美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

九月の恋と出会うまで 松尾由美著。

すっごくよかった〜!!松尾氏って2作目だったと思うけど、これ読んだら、次も読みたい!って思えた。
すっかり彼女がSF作家?だということ忘れてて、洒落た恋愛小説かと思ってたら、なるほど忘れてないわけね。
タイトルも洒落てるね、意味に気付くと。

まずあのアビタシオン・ゴドーに住んでみたい。休みが不定休のOLで、趣味のカメラ片手に町並みを散策し、恋人がいないことを特に嘆いてもいなくて、刺激に溢れた日常ではないけど、それなりに日々を暮らしてる。ヒロイン志織の生活、うっすらと憧れてしまう。
そんな志織がある日エアコンの通気口っていうんだっけ?そこから未来の隣人と話せるようになる。そして隣人に頼まれた依頼というのは、大きく自分の未来を左右させるものだった。

もう一体なにが起こるのか知りたくて一気に読んでしまった。
松尾作品をあまりよく知らないんだけど、私はこの作品をとってもロマンティックな恋愛小説、と受け止めて、好きになったよ。
私は「シラノ」の正体、分かってたけどね。
posted by じゃじゃまま at 14:05| Comment(13) | TrackBack(8) | 松尾由美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

ハートブレイク・レストラン 松尾由美著。

始めて読みました。なかなか軽いですね。
フリーライターの寺坂まいが行くちょっと暗めのファミレスで、いつもチョコンと座ってるおばあちゃんがいる。実はこのおばあちゃんは幽霊で、まいが遭遇する珍事件を次々に解決していく。
そして刑事との可愛い恋。って28歳にもなってそんなウブでどうすんの?って思っちゃったけど。

この珍事件がなかなか面白いし、おばあちゃんの名推理もなかなかのもの。

松尾氏の作品が初めてなので分からないんだけど、こういう書き方なのかな?
一気に解決するというよりも、少しずつ謎を残していくっていうか、すべて明らかにしないっていうか。
おばあちゃんの過去もどうでもいいのかもしれないけど、もう少し生前の様子知りたいかも、とか。
まいが巻き込まれて不祥事ってどんなんだったのかな?その時の恋人が脇役で出てくるかな、なんてチラッと思ったけど、どれもこれも過去の話で詳細は不明だし。

おばあちゃんの孫で家出しちゃった少年の、消息。どうやら近くには来てるかも、って話だったけど、その顛末は語られないし。無駄なことは書かない作家さんなのかな。

【Amazon.co.jp】
ハートブレイク・レストラン
posted by じゃじゃまま at 20:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 松尾由美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。