2015年02月12日

あなたの本当の人生は 大島真寿美著。

《★★★》

かつての大島ワールドが、対象年齢をぐっとあげて復活したかのような作品。
読み終えた時、そっと気付かないうちにその人たちが成長したり、ほっこり幸せになってたりする、そんな物語。

なんだけど〜、でも長く感じてしまった。
何度も手が止まってしまって、終わればああ、かつての大島ワールドだ〜って思えるのに、辿りつくまでが長かったんだよね。

「内容紹介」より
「書く」ことに囚われた三人の女性たちの本当の運命は……
新人作家の國崎真美は、担当編集者・鏡味のすすめで、敬愛するファンタジー作家・森和木ホリーに弟子入り――という名の住み込みお手伝いとなる。ホリー先生の広大で風変わりなお屋敷では、秘書の宇城圭子が日常を取り仕切り、しょっぱなホリー先生は、真美のことを自身の大ベストセラー小説『錦船』シリーズに出てくる両性具有の黒猫〈チャーチル〉と呼ぶことを勝手に決めつける。編集者の鏡味も何を考えているのか分からず、秘書の宇城は何も教えてくれない。何につけても戸惑い、さらにホリー先生が実は何も書けなくなっているという事実を知った真美は屋敷を飛び出してしまう。
一方、真美の出現によって、ホリー先生は自らの過去を、自身の紡いできた物語を振り返ることになる。両親を失った子供時代、デビューを支えた夫・箕島のこと、さらに人気作家となった後、箕島と離婚し彼は家を出て行った。宇城を秘書としてスカウトし書き続けたが、徐々に創作意欲自体が失われ……時に視点は、宇城へと移り、鏡味の莫大な借金や箕島のその後、そして宇城自身の捨ててきた過去と、密かに森和木ホリーとして原稿執筆をしていることも明かされていく。
やがて友人の下宿にいた真美は、鏡味と宇城の迎えによって屋敷へと戻る。そしてなぜか、敢然とホリー先生と元夫の箕島にとって思い出の味を再現するため、キッチンでひたすらコロッケを作りはじめた。小説をどう書いていいのかは分からないけれど、「コロッケの声はきこえる」という真美のコロッケは、周囲の人々にも大評判。箕島へも届けられるが、同行した宇城はホリー先生の代筆を箕島に言い当てられ動転する。真美、ホリー先生、宇城、三人の時間がそれぞれに進んだその先に〈本当の運命〉は待ち受けるのか?




posted by じゃじゃまま at 17:11| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大島真寿美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

スターダストパレード 小路幸也著。

《★★★☆》

(内容紹介)
傷心の元暴走族ヘッドが、
言葉を失った5歳の少女と逃避行――

星屑のようなささやかな僕たちの光。

『東京バンドワゴン』の著者が描く
極上のハートフル・ミステリー

元暴走族のヘッド・マモルが刑務所から出所した日に、
彼を無実の罪で逮捕した刑事・鷹原が迎えにきた。
鷹原は、母・ジョゼットを不審な死で亡くした少女・ニノンが
何者かに狙われているため、
三重にいる鷹原の元妻・美里のところへ連れていくようマモルに依頼。
マモルに去来する美里との過去と想い――。
マモルとニノンは無事に辿り着けるのか?
そしてジョゼットの死の真相とは?

生きていていいんだってあの人に教えてもらったんだ――  

物語の始まりの、その前からが、一つの小説になっていいくらいの内容だよね。
マモルの母親と妹は父親に殺されていて、だから同じ境遇のニノンに心寄せるって件もあって。
で、世話になった鷹原とその妻と男女の関係になって、無実の罪で刑務所に入れられて、その辺りも一つの小説になりそう。

あ、忘れちゃいけないのは、そうだった!鷹原とその同僚の杏子ちゃんには共通の目的があって。
杏子ちゃんの父であり、鷹原の尊敬する先輩刑事はある政治家絡みで殺されてて。
これだって、小説にするにはいい材料でしょ。
物語にするのは、骨折りそうだけど。
その辺の難しいとことは過去の話でさらっといって、この物語の軸は、ニノンちゃんの母親殺しの真相と、マモルとの逃避行の果ての鷹原と元妻の関係。

どれをとってもすごいネタでしょう〜。
結局、仇は取れなかった。大きく大きく風呂敷を広げたのに、畳みきれなかった。包みきれなかった。
そんな感じ。

でも小路氏の世界は、ドロドロとしたものではなく、ほっこりと最後は収まる感じなんだよね。

結局、ニノンちゃんは鷹原さんと美里さんが育てるんだろうな。
「壁と孔雀」もそうだったけど、全然別の人同士が最後は一緒に暮らして、めでたし、って。だけど、そこが一番安心だよね、ってとこに落ち着く。

面白かったけど、物語の前の段階もすごいことになってるじゃん!そっちも詳しく知りたいよ、って思いながら読み終えた感じ。



posted by じゃじゃまま at 10:31| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小路幸也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

首折り男のための協奏曲 伊坂幸太郎著。

《★★★》

首折り男は首を折り、黒澤は物を盗み、小説家は物語を紡ぎ、あなたはこの本を貪り読む。胸元えぐる豪速球から消える魔球まで、出し惜しみなく投じられた「ネタ」の数々! 「首折り男」に驚嘆し、「恋」に惑って「怪談」に震え「合コン」では泣き笑い。黒澤を「悪意」が襲い、「クワガタ」は覗き見され、父は子のため「復讐者」になる。技巧と趣向が奇跡的に融合した七つの物語を収める、贅沢すぎる連作集。 (あらすじ紹介)

他のレビュー見ると、最後に繋がってすっきり!とかバラバラのパズルが一つになった!とか書いてあったんだけど、なんだか置いてけぼり。

え?パズル一つになった??
繋がったの???
っていうか、首折り男が借金取りの事務所で死んでたのはなんで?誰が、どうやって殺したの?
ところどころに死んだ話が出てくるけど、あれは首折り男が全部成敗してくれてたの?
そういうところをすっと納得して楽しめればいいんだけど、いちいち止まっては分かってない自分を気に病む。一応気に病んだりはするけど、引きずらない。

外科医とか浮気ばかりしてる男、トランクから見つかった遺体とか、ちょこちょこと話しが出てきた人たち、もしや繋がってるのか?と。
できればあの番組プロデューサーだっけ?久喜山だっけ?あいつもどうにかなって欲しかったけど。

伊坂ワールドは不条理な設定が多くて、それを受け入れる柔軟さがないと苦しめられる。
私は苦しむほどまでには真剣に捉えないことを学んだので、分からないときは分からないまま終わらせる。
ただ、見かけは大きいけどいじめられ気質の大男は、偶然にも首折り男によって解放されたし、子供を轢き殺された男の罪をこれまた首折り男が救ってくれたし。

時空のねじれも、いいでしょういいでしょう、そういうのもありですよ。

個々に楽しめたので、それはそれで面白かった。

posted by じゃじゃまま at 12:05| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊坂幸太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒い羽 誉田哲也著。

《★★★》

右肩にある瑕に、君島典子は幼い頃から苦しんできた。激しい痒みと痛み。どんな治療もほとんど効果がなかった。病院を転々とした末に辿り着いた遺伝子治療という選択。典子は主治医らとともに、人里離れた山奥にある研究施設へと向かう。ところが、そこには何体もの惨殺死体が転がっていた!ここには凄まじく危険なナニカがいる…。衝撃のサスペンス・ホラー。  (「BOOK」データベースより)

こういうの好きなんだよね〜、映像で観たら最高に好きなジャンル。
痣に苦しんできた主人公が、ちょっと好意を持ってる医師と他の患者と共に山奥の研究所に向かう。
途中、車が事故に遭ってそこで6人いたうちの二人が死亡する。

残ったのは内心好意を持ってる医師と、憎まれ口ばかり利く嫌な男と、年下の女の子。
その医師は気を失ったままだし、残った男は嫌な奴でちっとも協力的ではないし、でもなんとかここから離れないと夜になったら気温は下がって危険だし・・・助けを呼ばないと、って医師を担いで研究施設に向かうと誰もいない。
それどころか、そこかしこに死体が転がっている。腹をえぐられて・・・。

最初は熊かと思ったけど、そうではなく、なにか人為的なモノを感じた主人公。

で、正体不明なものに怯えながらも連絡を取ろうと施設内をうろうろするんだけど、こういうところが映像にもってこいの緊張度アップのシーンなんだよね。

でも読み終えてみると、緊張感はまったくなかった。

なぜならば、正体不明なモノとの見えない攻防戦があまりなくて、あるのは施設内うろうろして死体を発見して、主人公の別れた姉のカルテを見つけて、もしかして化け物の正体は姉かも、ってちょっとだけゾクゾクしたけど、結構あっさりと終わったし。

どこに盛り上がりをつけるかでだいぶ面白味も変わってきたと思うんだけど、素材はワクワクしそうだったのに、出来上がった料理は無難なものでした、って感じかな。

痣の正体も分からないままだし、ゴキブリを想像するとゾッとするけどね。

posted by じゃじゃまま at 11:44| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 誉田哲也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

昨夜のカレー、明日のパン 木皿泉著。

《★★★★★》

ほっこり温かくなる小説。
読む前にドラマを途中まで見てしまったので、イメージができてしまった。
テツコは仲里依紗だし、ギフは鹿賀丈史だし、岩井さんは溝端淳平。シュウマイにかけるウスターソースまでばっちりイメージできる。

ドラマの優しさがそのまま読んでいてイメージできて、本当によかった。

不思議な感じの物語だったけど、夫が死んでそのまま義父と同居するテツコ。
息子を亡くす父と、夫を亡くす嫁。二人は大事な人を亡くすという悲しみを共有し、二人で乗り越え、いつの間にか義父はギフへ、徹子さんはテツコさんとカタカナ表記の呼び方に・・・変わる感じのニュアンスも、ドラマで見ていたおかげで伝わってきた。

かといってドラマを絶賛ってわけでもなく、いやいや、絶賛してもいいんだけど、それはやっぱり原作のよさがあるからなんだろうな〜。
あの原作に流れる温かさ、優しさ。すごい独特。

そこへテツコの恋人岩井さんも登場して、いやいや、夫は死んでるんだからテツコのことを思えば岩井さんも大事なんだけど、でも夫のことも忘れて欲しくなくて、ギフとも仲良くして欲しくて。
そんなわがままが全部ハッピーエンドになるとっても素敵な小説だった。

ドラマを最後まで見られなかったので、最後の章のあの出会いは、テツコと一樹だったのか確信が持てないのが残念だ。


posted by じゃじゃまま at 16:29| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

壁と孔雀 小路幸也著。

《★★★★》

警視庁SPの土壁英朗は仕事の負傷で休暇を取り、幼い頃両親の離婚で別れたまま2年前に事故死した母の墓参りに赴く。北海道にある母の実家は町を支配する名家で、今は祖父母と小5の異父弟・未来が住んでいた。しかし初めて会う未来は自分が母を殺したと告げ、自ら座敷牢に篭もっていた。その真意とは?さらに町では謎の事故が相次ぐ。信じるべきものがわからぬまま、英朗は家族を護るため立ち上がる。 (「BOOK」データベースより)

小路氏にしてはちょっと珍しい、きな臭さの漂うミステリー小説。
でも、やっぱり根底には人の優しさが流れている。
主人公、土壁英朗には幼い頃に別れた母がいる。父とは駆け落ちで結ばれたという。その母がある日父と別れ英朗を置いて家を出てしまった。それから数十年、母の死に、墓参りのために、会ったこともない祖父母に会いに行く。
それまで音信不通だった英朗に対し、祖父母は愛情を持って接してくれる。ずっと気にかけていた、と。
こういうところが優しいんだよね。

そして、英朗は知らなかった。自分に異父兄弟がいたことを。まだ小学生の弟。だけど父親の存在は知らされていない。
秘密の多い母の一族だけど、今までの小路氏の小説のようにぎりぎりまで引っ張って感はあまり感じなかった。

篠太家の結束は、ある秘密を守るためで、邪まなものもあれば、純粋に篠太本家を守るためだったり、だけどやっぱり小路氏だからね、根底には人間への優しさが溢れていて絶対に幸せになるの分かってるからね。

珍しくお金に絡んで嫌な奴いたけどね。

母親がどうして弟を産んだのか、どうしてあの池で死んでしまったのか、本当の真相は分からないままだったけど、未来も祖母も、英朗も、安心できたのでよかったよかった。

posted by じゃじゃまま at 16:02| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小路幸也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

ビタースイートワルツ 小路幸也著。

《★★★★》

2000年、北千住の“弓島珈琲”。店主の私(弓島大)を過去の事件から救ってくれた恩人で、常連客でもある三栖警部が失踪。三栖さんからとおぼしきメールには“ダイへ”とだけ。私と常連の純也は、早速探索に乗り出す。一方、私が過去に巻き込まれた事件に関わることになったあゆみは、女子大生となり、“弓島珈琲”へ出入りする。そのあゆみが、親友と連絡が取れないというのだが…。 (「BOOK」データベースより)

このシリーズ久しぶり。細かいことはほとんど忘れてるけど、ああ、そんなこともあったなぁとか、ああ、そうだったそうだった、と、多分前作よりも私は好感触。
基本、悪い人がいないんだ。

大さんのことを慕うあゆみちゃんの親友と、三栖警部失踪事件がひとつになって、悪意からの事件かと心配したけど、結局それぞれを想う気持ちが発端となって、下地に流れるものは温かい。
大さんの恋人が死ぬきっかけを作った人物も、すっかりいい人になっていて、これも本人の意思でいい人になってるんだけど、なかなかこんな風に自分の意思だけで更生できる人ってのもいないんじゃないか。

そして周囲にいる人たちも、それを見守って、基本、いい人たちばかり。

今、小路氏の次の作品を読んでるんだけど、きっとこれも下地に流れるものは優しいんだろうな〜と思いながら、先を楽しみに進めている。

なんだかミートソースが食べたくなる小説だった。



posted by じゃじゃまま at 11:14| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小路幸也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

スタンダップダブル!甲子園ステージ 小路幸也著。

《★★★★》

見た目はそっくりながら性格は対照的な双子―エースピッチャーの青山康一とセンターの健一を擁する神別高校野球部は、北北海道大会を勝ち抜きいよいよ甲子園へ!彼らの不思議な強さの「秘密」と、優勝を目指す特別な「理由」を知る前橋絵里は、全国紙のスポーツ記者。彼女の前に、神別高校の監督・田村と高校時代にチームメイトだったフリーのスポーツライター・塩崎が現われ、神別高校の周囲をしつこいくらいにかぎ回りはじめる。塩崎は、田村との間に因縁があるらしい。絵里は、危険なネタを得意とするルポライター・西島などの応援を得て、なんとか神別高校ナインを守ろうとするが…。 (「BOOK」データベースより)

ほっこりと心が温まる。
塩崎というちょっとした悪役が出てきて、不安になったりもしたけど、基本、小路氏はいつも心優しい物語。
だから安心しながらも、そしてその期待を裏切らなかったことにやっぱりまた安心して。

西崎さんの案に乗ってみたものの、結局そこまで塩崎はいい人ではなくて、失敗だったよ、って前橋絵里は思う。
ところが、最後の最後に山路さんが強烈なカードを切った。
塩崎も恐れをなしちゃうくらいの、大物の存在。だったら、最初から言えばいいのに、って思ったけどね。そこだけ突っ込んだけど。
それにしても、本当にいい人たちに恵まれて、ほっこり温まった。


posted by じゃじゃまま at 16:48| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小路幸也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライアー 大沢在昌著。

《★☆》

殺人の代償。それは、誰も愛さないことだった。優しい夫と可愛い息子。幸せな生活を送る妻の本当の顔は、対象人物の「処理」を専門とする政府組織の工作員。彼女にとって、家庭とは偽りだった。夫が謎の死を遂げるまでは…殺人機械だった彼女の、愛を知るための戦いが幕を開ける。 (「BOOK」データベースより)

面白そうな展開だったんだけどね。
工作員の夫、一般人であるはずのその夫が殺された。
その前に、女は中国での任務を失敗している。当局に拘束されたんだから。
でも、なぜか釈放されて、その後に夫が謎の死を遂げたんだから、なにがあったんだ??って期待が膨らむのは当然のことだったのに。

なんかどんどんあり得ない展開になってきて。国内にはそのような研究所は一つしかないっていってたのに、実はもう一つあって、そことの争いだったり、主人公のいる機関は優秀だけど、もう一つはちょっと問題アリの寄せ集めだったり、いやいや、逆にあの連続殺人犯の工作員の話で広げて面白くできなかったのかなって。

機関同士の合戦は、話が膨らむにつれて嘘くさいっていうか、ま、フィクションだから仕方ないけど、まじか?こんなのいくらフィクションでものめり込めない、って思ってしまった。

そろそろ大沢氏卒業の時か・・・。

posted by じゃじゃまま at 16:36| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大沢在昌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

獏の檻 道尾秀介著。

《★★★》

あの女が、私の目の前で死んだ。かつて父親が犯した殺人に関わり、行方不明だった女が、今になってなぜ…真相を求めて信州の寒村を訪ねた私を次々に襲う異様な出来事。果たして、誰が誰を殺したのか?薬物、写真、昆虫、地下水路など多彩な道具立てを駆使したトリックで驚愕の世界に誘う、待望の超本格ミステリー! (「BOOK」データベースより)

暗い、重いじめじめした空気の中を歩き進んでいるような感じだった。

トリックを駆使しした、って言われても、そのトリック自体に気付かなかったかも。
父親の秘密と、それを見てしまい心に傷を追った元少年。暗い村を想像してしまう。

途中の暗い話は長いし、途中どうでもいいと思ってしまったけど、真犯人にはびっくりした。
勘違いが勘違いを呼び、その連鎖だったね〜。

長かった〜。


posted by じゃじゃまま at 16:14| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 道尾秀介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。